2022年1月24日(月)

全機工連前会長 前西孝夫氏お別れの会
320人が参列

前西孝夫氏お別れ会

 全日本機械工具商連合会の前会長でエバオンの相談役だった前西孝夫氏のお別れの会が10月25日、帝国ホテル大阪(大阪市北区)で営まれ、機械工具の業界関係者など320人が参列し、故人との別れを偲んだ。

 前西孝夫氏は長らく肺気腫を患い、3年ほど前には肺がんの手術も受けていた。闘病生活を続けていたが病状が悪化し、9月14日に亡くなった。71歳だった。

 1946年生まれ、大阪府藤井寺市出身。早稲田大を卒業後、落合に。その後、父が経営する阪和機工に入社し、81年社長に。2002年、前西佳信氏(エバオン会長)が代表を務める太昌機工と合併しエバオン設立に伴い会長に就任した。

 03年から大阪機械器具卸商協同組合の監事、理事を務め、教育情報委員会の副委員長、委員長として人材育成に取り組んだ。14年には理事長に就任。15年から全日本機械工具商連合会の会長を兼任。今年6月、両職の任期を終え、大機器協と全機工連それぞれの相談役に就いた。

日本産機新聞 平成29年(2017年)11月5日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

業界団体 年頭所感

PART1:日本鍛圧機械工業会  北野 司会長「変化・変容で立ち向かう」PART2:日本ロボット工業会  小笠原 浩会長「ロボットの利用分野拡大へ」PART3:日本光学測定機工業会 […]

2022年各業界団体の見通し 受注・販売も、増加傾向続く

EV、5G関連に期待 工作機械・ロボット、測定機器 工作機械や産業用ロボット、測定機器など機械工具関連の2022年の業況は、昨年に続き増加傾向が続く。各業界団体が22年の見通しを発表し、日本工作機械工業会(日工会)は年間 […]

冨士精密  新たな実験室を稼働

冨士精密 新たな実験室を稼働

ナットなどテスト環境を強化 ゆるみ止めナットのメーカーである冨士精密(大阪府豊中市、06-6862-3112)はユーザーの課題解決やソリューション提案を図るため、ボルトやナットのゆるみ評価が行える実験室の設備強化を図り、 […]

トピックス

関連サイト