2021年5月13日(木)

オーエスジー 衛星事業の出資に参加
20年に量産化目指す

オーエスジー 衛生事業出資
左から、長峯副社長、岡田CEO、大沢常務、山崎宇宙飛行士

 オーエスジー(石川則男社長)は、宇宙ゴミ(スペースデブリ)除去サービスの開発に取り組むアストロスケール社(岡田光信CEO、本社・シンガポール)にANAホールディングスなどと共に総額2千5百万ドル(約28億円)にのぼる出資に参加した。20年に衛星量産化を目指す。

 オーエスジーは、航空会社ANAを傘下に持つANAホールディングスなどと共にアストロスケール社に総額約28億円の出資に参加した。宇宙ゴミ除去衛星の量産と除去サービスへの取り組みを支援する。

 オーエスジーは、既に15年に微小な宇宙ゴミ(デブリ)の観測衛星「IDEA OSG 1」打ち上げのメインスポンサーとして参画している。アストロスケール社では、来年初旬までに「IDEA OSG 1」を、19年後半には大きな宇宙ゴミ除去衛星の実証機「ELSA‐d」の打ち上げを予定している。

 アストロスケール社は、過去に2回、産業革新機構やジャフコ、三菱UFJキャピタルなどから資金調達をしており、今回の調達を合わせて累計で約5千3百万ドル(約60億円)を資金調達したことになる。

 宇宙空間には1㎝以上の宇宙ゴミが軌道内に約75万個存在しており、衝突・爆発を繰り返している。今後、宇宙開発がますます活発化することから、宇宙機との衝突事故を防ぐためにも宇宙ゴミの除去サービスが重要となっている。

 宇宙飛行士の山崎直子氏が「宇宙は国際競争の場であり、国際協力の場でもある」としつつ「宇宙空間を広く使う時代に入っていく」と述べ、岡田CEOは「大きなゴミは今すぐに除去しなければならない。小さなゴミは位置・密度を観測し、宇宙機の設計に反映させて防御しなければならない」と強調。「衛星の安全運航管理には航空機で長年培ったANAの知見と、高品質な切削工具の提供と自動車・航空機などのモノづくりを支えるオーエスジーのノウハウが必要」とも。

 今回の出資についてオーエスジー・大沢二朗常務は「今、モノづくりは大きな変革期を迎えている。自動車のEV化や宇宙産業など、今まで無かったものが生まれてくる。大きな実現可能な夢を一緒に作り上げていきたい」と語った。

 ANAホールディングス・長峯豊之副社長は「宇宙旅行のPDエアロスペース(名古屋市)に続き2社目の宇宙事業への出資になる。新しい事業に挑戦する方々の支援に参画し、我々も成長していきたい。宇宙機の安全を確保するこの事業に熱く強い期待をしている」と力を込めた。

 アストロスケール・岡田CEOは「20年には宇宙ゴミ除去衛星の量産化と除去サービスを開始したい」とした。

日本産機新聞 平成29年(2017年)7月25日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

ショールームを拡張  −伊東電機 創業75周年−

ユーザー体験を強化  伊東電機(兵庫県加西市、0790-47-1216)は本社のイノベーションセンターの面積を拡張し、MDR式マテハンシステムを展示することで、物流の入庫、保管、仕分け、出荷といった一連の全体最適を提案す […]

愛知県フェンシング協会とコラボ  −ノダキ−

『フェンシングの相棒』  愛知県フェンシング協会は2021年6月12~13日にかけ、スカイホール豊田(愛知県豊田市)で国内フェンシングイベント最大規模の「2021 AICHI FENCING FESTIVAL」を開催する […]

ピンポイントも周囲も明るく −パナソニック−

2WAYの工事用充電LEDライト  パナソニック(大阪府門真市、06-6908-1131)はこのほど、事務所の天井裏や工場の天井部など暗い配線作業の現場で、狙ったポイントを明るく照らせる工事用充電LEDスポットワイドライ […]

トピックス

関連サイト