2022年5月19日(木)

サンドビック 新たな引き加工を提案

旋削工具「コロターンプライム」

 サンドビックは、新旋削加工用工具「コロターンプライム」を発売した。同製品専用バイトホルダと併せて専用チップを開発し、バイトホルダ32品目、チップ15品目を投入した。

 コロターンプライムはバイトホルダの切り込み各を25~30度の低角度に設定し、低切込み角度により切りくずを薄くすることで高送り加工が可能になり、加工効率も向上。切れ刃も長く使い、加工の切削負荷・切削熱を分散させることでチップ摩耗を抑制する。

 同時に新加工法も提案。従来の押し加工ではチャックの手前やワークの立ち壁など加工できない部分に対し、引き加工による新しい旋削加工方法「プライムターニング」を訴求していく。

日本産機新聞 平成29年(2017年)5月25日号

[ 切削工具 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト