2022年6月26日(日)

中村製作所が、測定経過を
記録できるトルク表示器を開発

正確なトルク選定が可能

DRT 中村製作所_R

 測定機器メーカーの中村製作所(東京都品川区、03・3775・1521)はこのほど、トルクを波形で記録するマルチ表示器「DRT」を開発した。来年春の発売を予定している。正確なトルク選定が可能。TEDS対応センサを採用し、工具の校正や交換が簡単に行える。
 「DRT」は、トルクを波形で記録し、経過を目で確認できる。トルクの掛かり具合やワークの状態の変化が分かるため、適正なトルク値が参考値をもとに算出せず、より正確なトルク選定が可能。破壊試験や工具検査などボルト締結の分析・解析にも応用できる。
 また、表示器と工具を繋ぐセンサは、校正データなどが自動で読み込まれるTEDS対応を採用。工具交換時の校正作業が要らず、作業時間の短縮や確実な測定ができる。センサ付き工具は受注生産を予定しているが、今後は標準品も揃えていく。
 最大16個までのワーク設定が登録可能。新規事業開発本部の武藤浩晶課長は「1台で何台分ものトルク分析器として機能し、トータルコストの削減が期待できる。今までにない製品なので、使い方によって様々な可能性が広がる」。

日本産機新聞 平成27年(2015年)1月5日号

[ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト