2022年1月24日(月)

ふぁいと!!〜機械工具業界で活躍する女性たち〜
トップ工業 山本 亜里さん
お客様の心に残るものを

ふぁいと!!〜機械工具業界で活躍する女性たち〜No.14
トップ工業 業務部 業務課 山本 亜里さん

ふぁいと!!No.14
新潟県三条市出身。2007年長岡造形大学視覚デザイン学科卒業後、トップ工業に入社。開発部商品企画部を経て、現在は業務部業務課。食べること、飲むことが大好き。
 各種資材のデザイン、商品カタログや広告原稿の作成、ホームページやSNSの更新。販売促進に関わる様々な業務をこなす。「心がけていることは、営業担当者がお客様に誇らしく持っていけるものを作ること。そして何よりもお客様の心に残るものが作りたい」。

 今年4月には展示会ブースのデザインも担当した。「当社の商品は手に取って実際に使ってもらうと必ず良さが分かる」。商品を手に取りやすい配置にしたり、試用できるコーナーをつくったりと、様々な工夫を凝らした。

 初めての挑戦で学ぶことも多かった。ユーザーと直接話すことで、「ただかっこいいだけではなく、製品をしっかり理解しておかないとデザインも伝わらないということに改めて気付いた」。

 入社11年目。まだまだ成長したいという気持ちは強い。「自分の限界を決めず、もっと仕事の幅を広げたい」。今後の目標は製品デザインに関わること。「製造現場で活躍する女性も増えてきている。女性ならではの発想で製品を企画してみたい」。

産機新聞 平成30年(2018年)6月20日号

[ ふぁいと!! ][ インタビュー ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

業界団体 年頭所感

PART1:日本鍛圧機械工業会  北野 司会長「変化・変容で立ち向かう」PART2:日本ロボット工業会  小笠原 浩会長「ロボットの利用分野拡大へ」PART3:日本光学測定機工業会 […]

2022年各業界団体の見通し 受注・販売も、増加傾向続く

EV、5G関連に期待 工作機械・ロボット、測定機器 工作機械や産業用ロボット、測定機器など機械工具関連の2022年の業況は、昨年に続き増加傾向が続く。各業界団体が22年の見通しを発表し、日本工作機械工業会(日工会)は年間 […]

冨士精密  新たな実験室を稼働

冨士精密 新たな実験室を稼働

ナットなどテスト環境を強化 ゆるみ止めナットのメーカーである冨士精密(大阪府豊中市、06-6862-3112)はユーザーの課題解決やソリューション提案を図るため、ボルトやナットのゆるみ評価が行える実験室の設備強化を図り、 […]

トピックス

関連サイト