2023年2月2日(木)

ジェイテクト 中型円筒研削盤を発売

用途に応じ5タイプ

ジェイテクトは新たに中型円筒研削盤「G3シリーズ」を発売。価格を抑えつつ、高品質、操作性、高精度、省エネを追求し、量産や一品加工など用途に応じ5タイプを用意した。同製品は今年4月、JTEKTブランドにリニューアルした小型円筒研削盤「G1シリーズ」に続く第2弾で、JIMTOF2022で実機を披露した。

G3シリーズは『価格を削れ、品質は削るな』をキーワードに設計を一から見直し、シャフトやスピンドルなど機械部品やロール、工具、ツールホルダなど研削に最適。複合解析で機械構造を最適化し、といし軸回転精度0.016μmで低振動の「STAT BEARING」を搭載。寸法変形を従来比30%低減。

さらに、「らくらく自動決定」機能で、工作物の剛性や加工寸法など入力すると最適な加工条件を自動決定し、プログラム作成時間を1/4に短縮することができるほか、ステアリングメーカーの技術を応用した「ステアバイワイヤハンドル」を搭載し、手動機のようにといしと工作物の接触が手に伝わる手感覚を重視しつつ、高精度な制御が可能で、1μm台の精度を確実に実現する。

また、省エネ機能も充実し、「スリープIN・ウェークUP」機能で非加工時間の消費電力を最大75%削減し、省エネ油圧ユニット「トヨパックECOⅡプラス」のインバータ制御で消費電力を従来比30%削減するなど、省エネ効果も高い。

現状の受注環境について工作機械・システム営業部の三好崇博グループ長は「G1シリーズ投入後、日工会の受注状況と同様に回復している。今後は新機種を展開することで、一般市場向けに拡大していきたい」と話す。同シリーズの販売価格は1200万円(税込)からで、販売目標は年間500台としている。

日本産機新聞 2022年11月20日

[ 工作機械 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト