2024年7月20日(土)

オークマ 寸法精度と環境対応両立

グリーンスマートマシン宣言

オークマは「寸法精度の安定性」と「エネルギー消費量の削減」の両立を自律的に行い、環境対応に貢献する同社の知的工作機械を「Green Smart Machine(グリーンスマートマシン)」と定義し、全面展開する。

「サーモフレンドリーコンセプト」や「ECO suite plus」など独自の知能化技術、新運転制御技術などを搭載し脱炭素化に貢献する。

同社では脱炭素化の成熟度レベルを5段階に設定。「精度の安定性とエネルギー削減とを自律的に両立」するレベル4を実現。主軸冷却装置の新運転制御技術を搭載するなど「あらゆる運転条件に対応した精度の安定性とエネルギー最小化とを自律的に両立」するレベル5の技術開発を継続していく。

今後受注する2023年4月以降に国内出荷する脱炭素に貢献するマシンには「Green Smart Machine」のエンブレムを取り付ける。

また、今年10月から主要生産拠点である国内3工場のカーボンニュートラル化を先行して達成。エネルギー消費量の削減と、高精度、高能率な生産の両立を実証した自動化工場・スマートファクトリーで生産。メガソーラ設置、地中熱活用等のグリーンエネルギー活用の拡大と「Green Smart Machine」の浸透、環境対応生産を展開していく。

日本産機新聞 2022年10月20日

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト