2023年2月7日(火)

東京精密 プライベートショーで新型のX線CTを披露

全国4拠点で同時開催

東京精密(東京都八王子市、042-642-1701)は7月21、22日の2日間、同社土浦ショールーム(茨城県土浦市)など全国4拠点でプライベートショーを開催した。新製品のシャフト形状測定機や計測用X線CT装置などを披露。ユーザーを中心に約600人以上が来場した。

土浦の他、名古屋、大阪、八王子の同社ショールームで開催した。4拠点で同時に開催するのは初めて。会場での展示に加え、セミナーや実機デモンストレーションはオンラインでも配信した。

土浦と名古屋のショールームでは、今年2月に独・イエナオプテック社と提携し、新たに同社製品ラインアップに加わった光学式シャフト測定機「Shaftcom(シャフコム)」を展示した。内蔵のラインスキャンカメラとイメージセンサによって、円筒形状部品の寸法や真円度などを短時間で測定できる測定機。タッチプローブによるキー溝評価も可能。測定精度は長さ方向で2・6μm、径方向で1・0μmと、「三次元測定機の接触式測定と遜色のない精度を実現する」(マーケティング室小野睦室長)。

一方、大阪ショールームには、新型の計測用X線CT装置「ZEISSMETROTOM1」を国内で初めて展示。測定範囲がφ165㎜、高さ140㎜のエントリーモデルで、既存の「1500」や「800」に比べ、費用対効果が高く、導入しやすい。樹脂部品やアルミ部品などの測定工数の削減などを提案していく。セミナーでは、実機によるデモを行い、各種機能や測定までの流れなどを紹介した。

加工不良の原因となる切粉の噛み込みを検知する振れ検出システムの新型なども展示した。

日本産機新聞 2022年8月20日

[ 展示会 ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト