2024年2月23日(金)

ブラザー工業 大阪で展示会開く

最新機種など展示

ブラザー工業は6月2~3日、ブラザーテクノロジーセンター大阪(大阪府東大阪市)で、「第18回ブラザー&周辺機器メーカー実演合同展示会2022」を開き、2日間で販売店やユーザーなど300人以上が来場し、SPEEDIOシリーズの最新機種であるユニバーサルコンパクトマシニングセンタ「U500Xd1(Uシリーズ)」や高生産性を追求した「Sシリーズ」、パレットチェンジャー搭載の「Rシリーズ」などを披露し、実演加工や切削工具など周辺機器を交えた提案を行った。

同社は直近、剛性を高め、広い加工エリアを持つ機械を開発しており、ワイドな加工エリアを持つ「W100Xd1」や最新機種で傾斜ロータリーテーブルを搭載した「U500Xd1」など大型ワークや多面加工に対応し、モータケースなどEV部品から半導体、樹脂部品など幅広い市場で活用できる機械をラインアップ。シミヅ産業・執行役員の豊田利三氏は「当社はブラザー工業の30番加工機に特化した提案を行っている。昨今は切削工具メーカーなどBT30番向けに剛性や精度を高めた製品が増えており、40番加工機から30番加工機への切替や部分的な自動化など提案を強化している」と話す。

さらに、従来から環境性能の充実を図っており、カーボンニュートラルで省エネ性能の高さを訴求している。ブラザー工業・西部統括マネージャーの石黒秀幸氏は「ユーザーから省エネに関する説明を求められるケースも増えており、カタログなど資料も充実している」と、戦略的に進めるEV部品加工ソリューションや省エネ技術の紹介などPRを強化している。

同展では切削工具やツーリングなど周辺機器メーカーも13社が出展し、最新機器の展示やスクリーンを利用し、メーカー各社の紹介を行うアピールタイムを設けた。

日本産機新聞 2022年7月5日

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト