2023年2月7日(火)

ブラザー工業 大阪でテクノロジーフェア開催

省エネや高生産性を訴求

ブラザー工業は3月22・23日の2日間、ブラザーテクノロジーセンター大阪(大阪府東大阪市)で、「2022ブラザーテクノロジーフェア」を開き、新制御装置「CNC‐D00」を搭載したワイドストロークの「W1000Xd1」など同社が展開するSPEEDIOシリーズを披露した。

「今回は地域性を意識した加工内容を披露している」とは伊藤彰グループ・マネジャー。30番加工機最大のストローク(X1000×Y500㎜)のW1000Xd1では樹脂素材の3次元加工を披露。穴あけやタップ加工のイメージが強い同社のラインアップだが、新たな制御装置を搭載し、CAD/CAMソフトの「CAM‐TOOL」を組み合わせることで、仕上げ面の良さを披露し、樹脂加工や金型加工を訴求した。西垣秀雄スーパーバイザーは「3次元加工でも問題なく加工できるため、大阪に多い樹脂加工や金型など新規開拓にもつなげたい」と話す。

そのほか、パレットチェンジャ付きのR450X2や自社製ローディングシステムを搭載したS500X2+BV7(ワーク搬送システム)など、顧客ニーズに合わせたデモ機を多数展示した。

また、セミナーではものづくり系YouTuberのものづくり太郎氏が登壇。カーボンニュートラルにつながる同社の省エネ性能や高生産性への取り組みなど、機械の魅力を存分に紹介した。

日本産機新聞 2022年4月5日

[ 未分類 ] カテゴリの関連記事

リンレイテープ 粘着テープで環境対応

バイオクロステープ 粘着テープメーカーのリンレイテープ(東京都中央区、03-3663-0071)は今年、CO2削減につながる「バイオクロステープ」をリニューアルした。バイオマスマーク10を取得し、粘着力などを強化。主に物 […]

オークマ 加工セルコントローラを開発

加工セルの操作性を革新 オークマは、工作機械にロボットと周辺機器を加え、ワーク着脱、ワーク計測などの作業の自動化を図る加工セルをスマート化するセルコントローラ「smarTwinCELL(スマートツインセル」を開発した。 […]

【特集:進化する商社】PART2/  商社 進化した4つの力

【特集:進化する商社】PART2/ 商社 進化した4つの力

リーマン・ショック、ネット販売の拡大、新型コロナ禍—。商社はこの20年、幾多の困難や逆境も乗り越え成長し続けてきた。そのエンジンとなったのがエンジニアリングや受発注業務効率化、物流、海外展開。この4つの力を進化させてきた […]

トピックス

関連サイト