2022年5月19日(木)

ジェイテクト カーボンニュートラル戦略室など新設

持続可能な社会の実現へ

ジェイテクトは新たに「カーボンニュートラル戦略室」及び「DX推進室」を全社横断組織として新設。カーボンニュートラルでは2040年にグループでのCO2排出量ゼロ、50年には仕入先も含め全製品でのCO2排出量ゼロ達成を目指し、デジタルトランスフォーメーションでは社内の仕組みを統一し、業務の自動化やIT化を進める。

同社は21年度を初年度とする長期・中期経営計画を発表。そこでは政府方針である「2050年カーボンニュートラル宣言」の実現に向けたマイルストーンを示し、CO2排出量ゼロ達成に向け、水素を「溜める」「使う」「電気に変える」「利用する」といった新エネルギーの積極的な利活用を掲げている。DXでは手入力、補正ゼロや人間の目や耳の代わりとなるAIの活用で、人が介在しなくてもよい業務の自動化やIT化を進め、2030年までに人が付加価値を創出する業務のみ注力できる環境を整える。

日本産機新聞 2021年8月20日

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト