2023年2月7日(火)

ショールームを拡張  −伊東電機 創業75周年−

ユーザー体験を強化

 伊東電機(兵庫県加西市、0790-47-1216)は本社のイノベーションセンターの面積を拡張し、MDR式マテハンシステムを展示することで、物流の入庫、保管、仕分け、出荷といった一連の全体最適を提案する。物流現場は人手不足やコロナ禍で自動化・省人化ニーズが高まっており、展示スペースを拡張し、自動化設備の導入を検討しているユーザーに搬送テストや検証、勉強会など技術提案を図る。展示場の総面積は従来の2倍にあたる2345㎡(第1展示場は800㎡、第2展示場600㎡、第3展示場945㎡)で、投資額は約1.5億円。複数グループの見学の受け入れも可能とし、年間600社の集客を目指す。

 同センター拡張のオープニングで伊東徹弥社長は今年で創業75周年を迎えることに触れ、「1946年以来、モータ技術を現在のパワーモーラに進化させ、そのコア技術に磨きをかけ、理想とするマテハン設備の夢を具現化するため新市場の創造を行っている。『時代を先読みし、常に構想する。即実行し、成果が出るまで努力する』と伊東一夫会長の熱意が全社員に伝わり、今日の当社が存在していることは紛れもない事実。今後も時代の変化に打ち勝つために、より一層努力しなければならない。ハードとソフト技術を融合した技術を活用し、働き方改革の時代を『運び方改革』と言い換えられるようにMDR式マテハンの利便性を伝えたい」と挨拶した。

 同社はパワーモーラの単品販売から近年はパワーモーラを組み合わせた直角移載機などモジュール製品、さらにモジュールを組み合わせたコンベヤシステムや仕分け機(id‐SORTER)などを市場に投入。さらにモジュールのソフト技術開発にも力を入れ、システム全体の工期短縮も提案している。

日本産機新聞 2021年3月5日

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト