2022年6月25日(土)

【特集】メーカー各社に聞く「良い工具」−不二越−

圧倒的性能と高い汎用性 −環境変化に対応する工具

不二越 工具事業部技術部部長 干場 俊洋氏

現在の開発の方向性は。

 まず大きな流れとして、工具開発も環境の変化に対応していかなくてはならない。例えば車の電動化や、3Dプリンタの増加で切削加工が減っていく可能性が高い。空飛ぶ車の開発、製品ライフサイクルの短縮化など、環境は激変している。こうした変化に対し、「難削材を効率よく加工したい」、「高品位で安く作りたい」、「汎用機であらゆる加工をしたい」、「高能率で長寿命な加工がしたい」などの多様な要望が出ており、それに応える工具が必要になる。

具体的な製品は。

 「アクアREVOシリーズ」がその答えの一つ。これらのニーズの変化に対応するには、圧倒的な加工性能を持つ革命的な工具が必要になる。アクアREVOシリーズは工具に必要な「材料」、「形状」、「コーティング」の3つの要素全てを自社で開発し、圧倒的な性能を実現した。

貴社が考える「いい工具」とは。

 汎用工具では1本で何でもできる工具。専用的な工具では用途に合わせダントツの性能を持つのがいい工具だと思う。ただ、両者の融合も必要だ。例えば「HyperZタップ」は、ジェットエンジン向けの専用工具として開発したものをチタン合金用として汎用化した。逆のケースもあり、アクアREVOブランドで開発した技術をニーズに合わせ専用化させていきたい。

今後の開発の方向性は。

 アクアREVOブランドで開発した3つの要素を今後もブラッシュアップしていく。そして、ユーザーの生の声を反映し、他社にない独自の工具を開発していく。また、IoT技術を活用して、工具の寿命判定を行うことなどを考えたい。

流通業界にメッセージ。

 コロナ禍でユーザーの声を聴く機会が減っている今だからこそ、生の声を届けて欲しい。開発につながる声を届けてもらい、ユーザーと我々をつないで欲しい。

アクアREVOシリーズ

 長寿命・高能率・多用途を実現し、「ものづくりの世界に革命(Revolution)を起こす」をコンセプトに開発。工具の基本要素である「材料」「形状」「コーティング」を一新し、切削加工に求められるすべての機能を飛躍的に向上させた。

日本産機新聞 2021年2月20日

[ インタビュー ][ 切削工具 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト