2022年1月24日(月)

簡単・低価格で 常時監視 −JFEアドバンテック−

無線式モニタリングユニット

 JFEアドバンテック(兵庫県西宮市、0798-66-1501)は5日、簡単に低価格で設置できる無線式コンパクトモニタリングユニット「CU‐30000」(写真)を開発した。振動や温度や圧力、流量などのモニタリングができ、大手プラントや中小の仮設用途のデータ監視に適している。

 工場に点在する様々な機器のデータ監視のニーズは増えている。しかし、システム構築に時間が掛かったり、コストが高かったりすることが導入の課題となっていた。

 同製品はこうした声に対応したもので、ワイヤレスで簡単に装置を設置でき、短期間で立ち上げが可能だ。配線工事が不要なので、低価格でモニタリングが始められる。同社によると「仕様で異なるが、工事費も含めると有線式の半額以下で構築することもできる」という。

 高性能な振動計測ができ、警報発生時にメールで知らせるなど回転機器の予防保全に最適。また、アナログ信号に対応し、温度、圧力、流量、液位などのデータの取り込みができる。このため、プラントなどで工場に点在する様々な機器に常時監視が可能だ。

 最長1㎞の長距離通信に対応。ソフトのインストールが不要で、ネットワーク接続した端末からモニタリングできる。バッテリ交換が不要なAC給電と、配電工事が不要なバッテリ給電の2種類をそろえた。 

日本産機新聞 2021年2月5日

[ 日本産機新聞 ][ 測定工具 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

業界団体 年頭所感

PART1:日本鍛圧機械工業会  北野 司会長「変化・変容で立ち向かう」PART2:日本ロボット工業会  小笠原 浩会長「ロボットの利用分野拡大へ」PART3:日本光学測定機工業会 […]

2022年各業界団体の見通し 受注・販売も、増加傾向続く

EV、5G関連に期待 工作機械・ロボット、測定機器 工作機械や産業用ロボット、測定機器など機械工具関連の2022年の業況は、昨年に続き増加傾向が続く。各業界団体が22年の見通しを発表し、日本工作機械工業会(日工会)は年間 […]

冨士精密  新たな実験室を稼働

冨士精密 新たな実験室を稼働

ナットなどテスト環境を強化 ゆるみ止めナットのメーカーである冨士精密(大阪府豊中市、06-6862-3112)はユーザーの課題解決やソリューション提案を図るため、ボルトやナットのゆるみ評価が行える実験室の設備強化を図り、 […]

トピックス

関連サイト