2022年10月6日(木)

新倉庫建設へ 今年11月に完成予定 −ブラザー工業 −

 ブラザー工業は名古屋市港区に新倉庫を建設し、今後の産業領域を中心とするビジネス拡大に伴う製品や部品の保管需要の増加に対応する。今年11月に完成する予定で、新倉庫の延べ床面積は1万1860㎡の2階建て。投資額は約20億円。名古屋港のコンテナヤードや名古屋高速の出入り口に近いという立地条件を活かし物流効率を高めるほか、物流費用やCO2排出量の削減にも貢献する。

日本産機新聞 2021年2月5日

[ ニュース ][ 会社移転・新設 ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

トークシステム 新型エアユニットを開発

ロボットハンドや治具にも 2023年発売目指す トークシステム(東京都港区、03-5730-3930)はこのほど、独自の固定機構「クイッククランパー」を搭載した新型エアユニットを開発した。ユニット同士を組み合わせることで […]

イグス 衛生設計のアクチュエータ

食品機械に対応 イグス(東京都墨田区、03-5819-2030)はこのほど、米食品医薬品局(FDA)準拠材質を採用した「ドライリンZLW歯付きベルト駆動リニアアクチュエータ」を開発した。洗浄が容易でメンテナンスフリーを実 […]

三菱マテリアル 溝入れ用バイトを拡充

1.2㎜の溝幅に対応 三菱マテリアル(東京都千代田区、03-5252-5200)はこのほど、溝入れ用バイト「GYシリーズ小物高精度加工用ホルダ」に「1.2㎜幅インサート&一体型ホルダ」を追加、発売した。 従来のイ […]

トピックス

関連サイト