2023年12月9日(土)

オートデスク社とパートナーシップ締結 −サンドビック−

CAM作業の簡素化に

 サンドビック・コロマントオートデスク社(米国)と新たにパートナーシップを結び、コラボレーションにより複雑化しているCAM作業プロセスの簡素化を目指す。サンドビックの工具データへのアクセスをオートデスク社のユーザーに提供し、データ選択に対する時間の効率化を進め、加工準備段階から効率向上を図る。

 切削加工は、実加工までに複雑なプロセスを要し、ユーザーは新しい被削材や複雑形状なワークに対しテスト加工を行う時間が十分に取れないことも多い。今回のパートナーシップはサンドビックの持つ豊富なツーリング知識と専門知識にオートデスク社のCAMソフトウェアソリューションを組み合わせることで、デジタル上で簡単に切削工具を選択できるように努める。サンドビック・コロマントのプロダクトマネージャーであるヨナス・ストレーム氏は「CAMユーザーは新技術やソリューションのテストを好むが、CNC加工において時間的な制約によりテストが制限されることが多い。そこで、CAMユーザーにボタンクリックで工具情報や推奨工具、独自の加工方法へのアクセスを提供し作業プロセスを単純化させたい」と話す。

 また、オートデスク社の設計および製造ビジネス戦略副社長のスルナス・ヨナラガッダ氏は「製造および金属切削は複雑なプロセスになり、セットアップ時間の遅れや加工エラーを増大させる結果となっている。ツーリング情報も手動処理のため困難になっており、準備段階におけるユーザーの効率の向上に貢献したい」と語った。

 このパートナーシップは長期ビジョンの一部で両社は新テクノロジーでユーザーの競争力維持に寄与し、デジタル設計や製造ソリューションの提供を進めていく。

日本産機新聞 2021年1月20日

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト