2022年8月16日(火)

軽量、高剛性の新素材開発 − 牧野フライス製作所ら4社−

生産性高め、環境負荷減

 牧野フライス製作所はこのほど、鋳物メーカーらと共同で、軽量で剛性の高い新素材を開発した。工作機械の可動構造部に採用し、高速化や消費電力の削減など機械の高性能化につなげる。

 新素材「ATHIUM(アシウム)」は、田島軽金属(埼玉県羽生市)、ヒノデホールディングス(福岡市博多区)、日之出水道機器(同)の4社で共同開発した。工作機械で広く使われている、ねずみ鋳鉄より6割軽く、同等の剛性を確保した。

 軽量化の利点は多い。可動構造部が軽くなることで、俊敏な動きが可能になるほか、稼働時の衝撃軽減にもつながる。また、ボールねじ、モータなどのイナーシャ(慣性の力)を5割削減でき、生産性で従来比85%向上し、消費電力など環境負荷を45%減らせる。

 アシウムを採用した機械は2021年度内に発売する計画。素材価格は高くなるが、設計の見直しなどにより、機械のコストを吸収するという。

 牧野フライスはアシウムを機械に採用することで、高性能化につなげるが、同社の井上真一社長は「機械だけでなく、高速移動体など幅広い分野に適用できる」と話す。ヒノデホールディングスの木塚勝典取締役常務執行役員も「まずはロボットや半導体装置メーカーなどの分野に提案していきたい」と適用領域を広げる考えだ。

日本産機新聞 2021年1月20日

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

IZUSHI テクノマーク自動刻印機のワイヤレスモデルを発売

IZUSHI(大阪府東大阪市、06-6747-6184)はテクノマーク社(仏)の自動刻印機の新モデルであるワイヤレスモデル「CONNECTシリーズ」を今夏に発売する。WIFI接続でコントローラとマーキングヘッド間のケーブ […]

田野井製作所 田野井 義政会長に聞く

旭日単光章を受章 タップ・ダイスメーカー、田野井製作所(埼玉県白岡市、0480-31-7658)の会長である田野井義政氏が、令和4年春の叙勲で旭日単光章を受賞した。1987年から約25年に渡って社長を務め、先進的なものづ […]

東京精密 イエナオプティック社と提携

Shaftcomを披露 非接触かつ高速に測定可能 東京精密(東京都八王子市、042-642-1701)は5月25、26日、土浦計測センター(茨城県土浦市)で光学式シャフト形状測定機「Shaftcom (シャフコム)」のオ […]

トピックス

関連サイト