2022年9月26日(月)

常に能力不足を補う 実るほど頭を垂れる稲穂の如く −仕事考−

人生、死ぬまで勉強

「人生、死ぬまで勉強」とはよく言ったものだ。

生まれて間もなくハイハイ、歩き方を覚え、言葉を話し、文字を習う…。小・中学生は、義務教育であり、高校・大学もお金を支払って教えてもらっているのだから、その成果は自分自身の責任であって、誰にも責められることはない。成績が悪いと、親には責められるかもしれない。もちろんスポーツも勉強の一つである。

就職しても、勉強はついてまわる。今度は、お金をもらって勉強するのだから、成果がついてこなければ責任が問われる。

20代、入社当時は、会社や業務、業界のことをひたすら勉強しなければならない。30代・40代になれば経験も積み能力アップをしており、勉強の必要はないかというとそうではない。たとえば、若手社員よりもベテラン社員の方が仕事の能力が高いはず。ところが、30代・40代の社員より20代の方がいい仕事をする場合もある。それは、過去の経験や知識が柔軟な発想を妨げ、最適方法を見つけられないというケースが考えられる。

それならば、勉強するしかない。しかも、20代のようにひたすら勉強すれば良いというものではない。30代・40代になると、業務遂行能力や新技術などに加えて自分に欠けている部分や能力を補い、強化するための勉強が必要だ。40代では、管理職に就く人が増えてくるだろうが、体力や頭の回転は衰え始める。そんな中で部下や後輩を育成し、能力を磨くマネジメント力も向上させなければ。自身もそうだが、年を重ねるたびに覚える力、新しいアイデアを思いつく能力は衰えていく。

年を重ねても会社が必要とする能力を100%発揮しようとすれば、20代以上に勉強するしかない。しかも、本を読むだけではなく、本で得た知識を現場で試し、活用しながら、頭と体で覚えたものを整理していく。責任も大きくなるので20代よりも大変だ。

周囲を見渡して、年を重ねるほどに勉強している社員がどれだけいるだろう。ぜひ、自分には足りないものだらけだと謙虚になって、勉強の必要性に気付いてほしい。そして広いジャンルの本を読むところからスタートする1年であって欲しい。

日本産機新聞 2021年1月20日

[ コラム ][ 仕事考 ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

空研 インパクトレンチの下取りセール

12 月31日まで 空研(大阪府羽曳野市、072-953-0601)は12月31日まで、大型インパクトレンチの下取りセールを実施している。 セール期間中、下取りセール対象機種を購入し、古い大型インパクトレンチを下取りに出 […]

安田工業 YBM640V/950Vをモデルチェンジ

グローバルテイストのデザインに 安田工業(岡山県里庄町、0865-64-2511)は、高精度マシニングセンタ「YBM640V」と「YBM950V」のデザインを一新するなどモデルチェンジした。8月1日に発売した。 YBMシ […]

キトー ECサイトに発注機能追加

補給部品の手配を効率化 キトー(山梨県昭和町、055-275-7521)はこのほど、EC(電子商取引)サイトに補給部品(同社標準部品)の発注機能を追加した。ウェブ上で補給部品の価格や在庫状況が確認できる他、見積もりから発 […]

トピックス

関連サイト