2019年4月19日(金)

社名を芝浦機械に変更
東芝機械

 東芝機械は、2020年4月1日に社名を「芝浦機械」に変更すると発表した。59年ぶりに社名から東芝が外れ、「芝浦」が復活する。

 6月下旬に開く株主総会で諮り、正式に決定する。同社は1938年に芝浦製作所(現東芝)の子会社「芝浦工作機械」として創業し、大型工作機械を中心に業容を拡大。61年に東芝機械に社名変更し、長年東芝グループの一員として営業してきたが、2017年3月にグループから外れていた。

 同社では、今回の社名変更について、「さらなる進化を遂げるため社号を変更した」としている。

日本産機新聞2019年3月20日

[ ニュース ][ 会社移転・新設 ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

君浪営業部長 が社長に
梅田機工

 梅田機工(大阪市西区、06・6532・5731)は4月1日付で、君浪宏会長の次男で営業部長の君浪健氏が社長に就任した。君浪進社長は代表権の無い相談役に就いた。宏会長は退任した。  君浪健氏は1972年生まれ、大阪市西区 […]

新工場が本格稼働
生産能力3割引き上げ
協育歯車工業

半導体、ロボット向け強化  協育歯車工業(東京都台東区、03・3831・8238)は3月、埼玉県春日部市で4棟目の新工場を本格稼働させた(写真)。半導体やロボット業界向けなどの高精度歯車の生産を強化する。ロボットなど自動 […]

本社工場棟の再編完成
工具研削盤、36%増産

牧野フライス精機 年180台体制に  牧野フライス精機(神奈川県愛甲郡、046・285・0446)が2015年から建て替えを進めてきた本社工場棟の再編が完成し、4月から本格稼働した(写真)。工具研削盤の生産能力を36%増 […]

トピックス

関連サイト