2022年1月26日(水)

電気ストーブを発売 −山善 –

障害物感知で電源OFF

 山善は、赤外線センサーが洗濯物や布団などの障害物を感知して電気ストーブの通電を自動でストップさせ、万が一の火災を未然に防ぐ「障害物センサー搭載電気ストーブシリーズ」(写真)を全国の家電量販店・ホームセンター、並びに当社が出店・運営するインターネット通販「くらしのeショップ」などで発売した。

 本体表面の上下に障害物センサーを搭載しており、赤外線の反射で障害物を感知する。運転中にカーテンや洗濯物、布団・毛布などの障害物を感知すると、自動的に電源が切れる仕組み。

 シンプルな電気ストーブのほか、加湿機能付や2種類のヒーターを1台に兼ね備えたモデルなど、幅広い商品ラインナップを取り揃えている。

 電気ストーブは、空気を汚さないことに加え、小型・軽量で持ち運びが容易なことなどから活躍の場も多く、補助暖房として人気の一方、カーテンや布団、洗濯物などの可燃物が本体に触れてしまうと思わぬ事故に繋がることもある。同社では、「今後も商品の快適性・利便性はもちろん、暮らしに寄り添う商品の開発に注力していく」としている。

日本産機新聞 2020年12月5日

[ 日本産機新聞 ][ 環境機器・工場管理 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

三井精機工業 全国3カ所で新製品発表会を開催

オイルフリー、屋外設置型の新機種を披露 三井精機工業(埼玉県川島町、049-297-5555)は1月から2月にかけて、埼玉、名古屋、大阪の全国3カ所で新製品発表会を開催する。水潤滑インバータオイルフリーコンプレッサや屋外 […]

業界企業 年頭所感

PART01:Cominix  柳川 重昌社長「方向転換の時期」 PART02:シミヅ産業  清水 善徳社長「油圧機器に全国対応」PART03:テヅカ   三橋 誠社長「 […]

業界団体 年頭所感

PART1:日本鍛圧機械工業会  北野 司会長「変化・変容で立ち向かう」PART2:日本ロボット工業会  小笠原 浩会長「ロボットの利用分野拡大へ」PART3:日本光学測定機工業会 […]

トピックス

関連サイト