2023年1月30日(月)

IoTサービスに ボールねじを追加 −THK –

異音や異常振動を検知

 THK(東京都港区、03-5730-3911)はこのほど、状態診断や予兆検知を実現するIoTサービス「OMNIedge(オムニエッジ)」にボールねじを追加した(写真)。ボールねじの異音や異常振動を検知でき、計画的な保全作業が可能。1装置2年契約で月額8000円から利用できる。

 「OMNIedge(オムニエッジ)」は、2019年からLMガイドの状態診断や予兆検知を実現するサービスとして開始した。年内までに約300台が導入予定で、同社工場でも約700台の製
造装置に導入されている。

 今回新たにボールねじにも対応した。ボールねじにセンサを装着し、収集したデータを数値化、状態を可視化する同社独自技術「THK SENSING SYSTEM」によって、ボールねじの異音や異常振動を数値化して検知することが可能となった。

 同サービスによって、従来は現場作業者の経験や勘に頼っていた装置の保全作業を効率化でき、予備在庫の管理コスト削減につながる。また、部品交換時期の適正化が図れ、生産効率も向上させることができる。

 今後はポンプやモータ、コンベアなどの回転部品への対応も予定している。無線振動センサによって、振動や温度、音などのデータを収集し、予兆検知につなげる。トライアル導入企業30社を募集し、無償トライアルを提供する予定。同社は「今後、『OMNIedge』の適用範囲を回転部品やアクチュエータなどに広げ、機械要素部品の予兆検知を基盤とした装置全体の健康管理へと進展させる」としている。

日本産機新聞 2020年12月5日

[ 伝導装置用品 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト