2022年8月16日(火)

IoTサービスに ボールねじを追加 −THK –

異音や異常振動を検知

 THK(東京都港区、03-5730-3911)はこのほど、状態診断や予兆検知を実現するIoTサービス「OMNIedge(オムニエッジ)」にボールねじを追加した(写真)。ボールねじの異音や異常振動を検知でき、計画的な保全作業が可能。1装置2年契約で月額8000円から利用できる。

 「OMNIedge(オムニエッジ)」は、2019年からLMガイドの状態診断や予兆検知を実現するサービスとして開始した。年内までに約300台が導入予定で、同社工場でも約700台の製
造装置に導入されている。

 今回新たにボールねじにも対応した。ボールねじにセンサを装着し、収集したデータを数値化、状態を可視化する同社独自技術「THK SENSING SYSTEM」によって、ボールねじの異音や異常振動を数値化して検知することが可能となった。

 同サービスによって、従来は現場作業者の経験や勘に頼っていた装置の保全作業を効率化でき、予備在庫の管理コスト削減につながる。また、部品交換時期の適正化が図れ、生産効率も向上させることができる。

 今後はポンプやモータ、コンベアなどの回転部品への対応も予定している。無線振動センサによって、振動や温度、音などのデータを収集し、予兆検知につなげる。トライアル導入企業30社を募集し、無償トライアルを提供する予定。同社は「今後、『OMNIedge』の適用範囲を回転部品やアクチュエータなどに広げ、機械要素部品の予兆検知を基盤とした装置全体の健康管理へと進展させる」としている。

日本産機新聞 2020年12月5日

[ 伝導装置用品 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

IZUSHI テクノマーク自動刻印機のワイヤレスモデルを発売

IZUSHI(大阪府東大阪市、06-6747-6184)はテクノマーク社(仏)の自動刻印機の新モデルであるワイヤレスモデル「CONNECTシリーズ」を今夏に発売する。WIFI接続でコントローラとマーキングヘッド間のケーブ […]

田野井製作所 田野井 義政会長に聞く

旭日単光章を受章 タップ・ダイスメーカー、田野井製作所(埼玉県白岡市、0480-31-7658)の会長である田野井義政氏が、令和4年春の叙勲で旭日単光章を受賞した。1987年から約25年に渡って社長を務め、先進的なものづ […]

東京精密 イエナオプティック社と提携

Shaftcomを披露 非接触かつ高速に測定可能 東京精密(東京都八王子市、042-642-1701)は5月25、26日、土浦計測センター(茨城県土浦市)で光学式シャフト形状測定機「Shaftcom (シャフコム)」のオ […]

トピックス

関連サイト