2022年8月18日(木)

高精度ロール研削盤を発表 −ジェイテクト –

 ジェイテクトは高精度なロール加工を実現する研削盤「GR7i‐400ULTIMATE」を発売した。世界初のロール部テーパ自動調整機能と加工負荷を検知し加工条件を自動補正する機能や熟練者による組付などで、世界初の円筒度0・5μm/mの高精度を可能にした。同時に、あらゆる産業の大物部品加工に最適な大型横形マシニングセンタ「FH12500SX5‐i/FH12500SW5‐i」も発売。新開発のハイパワー主軸を標準搭載している。

 高精度ロール研削盤「GR7i‐400ULTIMATE」は匠の技をいかに自動化できるかをテーマに開発。そこで機械にAI機能を搭載し、ロール部テーパの自動調整を実現。熟練技能者が手動で行っていたテーパ測定・調整をなくすことで誰でも簡単に調整・加工ができる。さらに、同社独自の加工負荷検知システム「ロードチェッカー」でメッキなどの素材形状バラツキによる加工負荷を検知し瞬時に自動で補正。自動化による人作業レス、やり直し作業レスを図った。

 また、主軸台、心押台、スライド機構に「TOYODA STAT BEARING」を採用し、油膜の平均化で高精度化と減衰性が高く振動を低減。また、動くものすべてに金属接触なくし無限寿命を実現。さらに、ベッド支持展の最適化やテーブル上装置の固定方法最適化といった設計を行い、熟練技能者の精密な組付により、世界初の円筒度0・5μm/mの高精度化を実現した。電気自動車市場の急成長で車載用電池の製造には大型で高精度なロールが必要になり、積層コンデンサなどの半導体、タブレット端末用ディスプレイなど薄膜フィルム製造設備にも高精度なロールが必要とされている。

 また、同時に大物部品加工向けの大型横形マシニングセンタ「FH12500SX5‐i/FH12500SW5‐i」を発売。最大工作物振りφ2400㎜、高さ2000㎜とクラス最大級のワークの積載が可能。さらに、最大トルク2200N・mの新開発主軸「KAIJU SPINDLE」を搭載し、鉄フライス加工切削量1830㎤/分を実現した。AI機能であるエッジチェッカーを搭載し、加工データの蓄積から工具寿命を判断し、最適な工具寿命を可能にしている。

日本産機新聞 2020年12月5日

[ 工作機械 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

IZUSHI テクノマーク自動刻印機のワイヤレスモデルを発売

IZUSHI(大阪府東大阪市、06-6747-6184)はテクノマーク社(仏)の自動刻印機の新モデルであるワイヤレスモデル「CONNECTシリーズ」を今夏に発売する。WIFI接続でコントローラとマーキングヘッド間のケーブ […]

田野井製作所 田野井 義政会長に聞く

旭日単光章を受章 タップ・ダイスメーカー、田野井製作所(埼玉県白岡市、0480-31-7658)の会長である田野井義政氏が、令和4年春の叙勲で旭日単光章を受賞した。1987年から約25年に渡って社長を務め、先進的なものづ […]

東京精密 イエナオプティック社と提携

Shaftcomを披露 非接触かつ高速に測定可能 東京精密(東京都八王子市、042-642-1701)は5月25、26日、土浦計測センター(茨城県土浦市)で光学式シャフト形状測定機「Shaftcom (シャフコム)」のオ […]

トピックス

関連サイト