2024年2月26日(月)

搬送装置の共通化を提案 −トークシステム–

自動車生産ラインで活用

 トークシステム(東京都港区、03-5730-3930)はこのほど、独自商品の「クイッククランパー」を活用した新型デモ機「フレキシブルグリッパー(旧名ハンガーグリッパー)」を開発した(写真)。自動車の生産ラインで使うドアを搬送する「ハンガー」の共通化が図れ、コスト低減や段取り時間の削減など生産性の向上につなげることができる。

 「クイッククランパー」は、円筒形状の要素部品「エレメント」によってワンタッチでクランプ、アンクランプが可能な固定機構。同社が独自開発した商品で、自動機のリール固定や測定工具の高さ調節など様々な用途で活用されている。最近では、ロボットハンドや治具などにも使われている。

 開発した「フレキシブルグリッパー」は、「エレメント」とボールスプライン「LF‐X」(THK製)を組み合わせ、回転方向とスラスト方向の両方を固定できるユニット。通常はクランプ状態で、ユニット下部のレバーを握るとアンクランプし、任意の位置に動かすことができる。

 背面のコの字型の部品でワークを挟んで固定する。自動車の生産ラインで使うドアを搬送する「ハンガー」として使用可能。2ユニットを使用することで、様々な形状やサイズに対応できる。

 「『ハンガー』はこれまで、ドアの種類ごとに異なるため、製作コストや管理、段取りなどが課題だった。『フレキシブルグリッパー』によって共通化が図れ、それらの課題を解決することができる」(TPS事業部の福島安弘事業部長)。今後は、操作性などを改良し、来年度上期中の市場投入を目指す。

日本産機新聞 2020年11月20日

[ 日本産機新聞 ][ 製品 ][ 運搬・建設機器 ] カテゴリの関連記事

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト