2022年5月28日(土)

次世代被膜で耐熱性・耐摩耗性向上 −サンドビック–

鋼施削加工用材種

 サンドビックは鋼旋削加工用の新材種「GC4425/GC4415」を導入した。強力な耐熱バリアを形成するInveio(インヴェイオ)コーティングをさらに改良した次世代のInveioコーティングを採用し、耐熱性や耐摩耗性の向上を実現している。

 改良したInveioコーティングは単一結晶方位により性能が一段と向上。結晶成長方位を改善し、さらに安定した加工性能を発揮するほか、耐摩耗性や工具寿命が大幅にアップ。塑性変形への耐性と良好なじん性を両立した新しい母材により信頼性も向上。表面に向かうにつれ、コバルト含有率も高めることで高い安定性を実現している。

 また、リサイクル超硬材を多く使用した新母材はチップと被削材両方の廃棄量最小化に貢献し、環境に配慮することで持続可能な鋼旋削加工の実現に努めている。

日本産機新聞 2020年11月5日

[ 切削工具 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト