2022年10月6日(木)

次世代被膜で耐熱性・耐摩耗性向上 −サンドビック–

鋼施削加工用材種

 サンドビックは鋼旋削加工用の新材種「GC4425/GC4415」を導入した。強力な耐熱バリアを形成するInveio(インヴェイオ)コーティングをさらに改良した次世代のInveioコーティングを採用し、耐熱性や耐摩耗性の向上を実現している。

 改良したInveioコーティングは単一結晶方位により性能が一段と向上。結晶成長方位を改善し、さらに安定した加工性能を発揮するほか、耐摩耗性や工具寿命が大幅にアップ。塑性変形への耐性と良好なじん性を両立した新しい母材により信頼性も向上。表面に向かうにつれ、コバルト含有率も高めることで高い安定性を実現している。

 また、リサイクル超硬材を多く使用した新母材はチップと被削材両方の廃棄量最小化に貢献し、環境に配慮することで持続可能な鋼旋削加工の実現に努めている。

日本産機新聞 2020年11月5日

[ 切削工具 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

トークシステム 新型エアユニットを開発

ロボットハンドや治具にも 2023年発売目指す トークシステム(東京都港区、03-5730-3930)はこのほど、独自の固定機構「クイッククランパー」を搭載した新型エアユニットを開発した。ユニット同士を組み合わせることで […]

イグス 衛生設計のアクチュエータ

食品機械に対応 イグス(東京都墨田区、03-5819-2030)はこのほど、米食品医薬品局(FDA)準拠材質を採用した「ドライリンZLW歯付きベルト駆動リニアアクチュエータ」を開発した。洗浄が容易でメンテナンスフリーを実 […]

三菱マテリアル 溝入れ用バイトを拡充

1.2㎜の溝幅に対応 三菱マテリアル(東京都千代田区、03-5252-5200)はこのほど、溝入れ用バイト「GYシリーズ小物高精度加工用ホルダ」に「1.2㎜幅インサート&一体型ホルダ」を追加、発売した。 従来のイ […]

トピックス

関連サイト