2020年11月25日(水)

IoT機器発売 −ユーエイ–

キャスターやセンサ 誰でも簡単にシステム構築

組み合わせ自由 ものづくりの様々な現場に

 ユーエイ(大阪府東大阪市、06-6747-5607)は、センサやゲートウェイなどのシステム構築が簡単にできるIoT機器を発売した。専門知識や、複雑な作業、各種機器への電源供給の環境整備が導入のハードルとなっている中小企業の需要に応える。

 開閉、照度、温湿度、人感などの各種センサや、それらで得たデータを集めるゲートウェイ、そのデータを数値化し分析するクラウドサービスなどで、センサ内蔵のキャスターも含めて「ユーエイ・スマートキャスター・システム」として10月20日に売り出した。

 このシステムを構成するエンオーシャン(EnOcean)無線のセンサはソーラーパネルで自家発電するため、稼働するための電源供給が要らない。さらに各種機器のネットワークをつなぐ無線通信にエンオーシャンだけでなくワイサンファン(Wi‐SUN FAN)無線を採用し、広範なエリアでデータを自在に受発信できる。

 IoTシステムの構築はこれまで、複数のメーカーの規格の異なる機器をつなぐ知識や、機器に電源を供給する環境が必要だった。そのためシステム会社にシステム構築を依頼したり、電源の整備や交換のコストがかかったりしていた。

 しかし各種機器が共通の規格で、自家発電し、自在にデータをやり取りできるこのシステムは、専門知識や経験が無くてもシステムを構築することができる。

 センサ内蔵キャスターと各種機器の組み合わせによる用途は、台車やカゴ車の入出庫管理や移動管理、カートの所在管理、歩行器による歩行訓練のリハビリ管理など。機器は自由に組み合わせて使うことが可能で、ものづくりの現場の様々な分野でも利用できる。主に中小企業向けに需要を見込み、初年度は1億8千万円を販売する計画。

日本産機新聞 2020年10月20日

[ 日本産機新聞 ][ 製品 ][ 運搬・建設機器 ] カテゴリの関連記事

藍綬褒章を受章 −トラスコ中山–

大機器、中山哲也理事長  20年の秋の叙勲で、大阪機械器具卸商協同組合の中山哲也理事長(トラスコ中山社長)が藍綬褒章を受章した。理事長として業界発展に尽力したことに加え、中山視覚障害者福祉財団理事長、同社の社長として活動 […]

NEO新城工場が躍動 −オーエスジー–

デジタル駆使し超多品種少量生産  オーエスジーは、マザー工場のひとつである新城工場を「NEO(ネオ)新城工場」にリニューアルし、デジタル技術を駆使して超多品種少量生産を実現した。次世代を支える技術を詰め込んだ基幹工場が誕 […]

機械工具関連上場商社 –20年4-9月決算–

減収幅拡大も回復基調  機械工具上場商社9社と、製造業向けのネット通販上場企業2社の20年4‐9月期決算が出そろった(トラスコ中山、MonotaROは1‐9月期、NaITOは8月期)。コロナの影響で工場の稼働率の低下や設 […]

トピックス

関連サイト