2022年1月18日(火)

IoT機器発売 −ユーエイ–

キャスターやセンサ 誰でも簡単にシステム構築

 

組み合わせ自由 ものづくりの様々な現場に

 ユーエイ(大阪府東大阪市、06-6747-5607)は、センサやゲートウェイなどのシステム構築が簡単にできるIoT機器を発売した。専門知識や、複雑な作業、各種機器への電源供給の環境整備が導入のハードルとなっている中小企業の需要に応える。

 開閉、照度、温湿度、人感などの各種センサや、それらで得たデータを集めるゲートウェイ、そのデータを数値化し分析するクラウドサービスなどで、センサ内蔵のキャスターも含めて「ユーエイ・ツナガル・システム」として10月20日に売り出した。

 このシステムを構成するエンオーシャン(EnOcean)無線のセンサはソーラーパネルで自家発電するため、稼働するための電源供給が要らない。さらに各種機器のネットワークをつなぐ無線通信にエンオーシャンだけでなくワイサンファン(Wi‐SUN FAN)無線を採用し、広範なエリアでデータを自在に受発信できる。

 IoTシステムの構築はこれまで、複数のメーカーの規格の異なる機器をつなぐ知識や、機器に電源を供給する環境が必要だった。そのためシステム会社にシステム構築を依頼したり、電源の整備や交換のコストがかかったりしていた。

 しかし各種機器が共通の規格で、自家発電し、自在にデータをやり取りできるこのシステムは、専門知識や経験が無くてもシステムを構築することができる。

 センサ内蔵キャスターと各種機器の組み合わせによる用途は、台車やカゴ車の入出庫管理や移動管理、カートの所在管理、歩行器による歩行訓練のリハビリ管理など。機器は自由に組み合わせて使うことが可能で、ものづくりの現場の様々な分野でも利用できる。主に中小企業向けに需要を見込み、初年度は1億8千万円を販売する計画。

日本産機新聞 2020年10月20日

[ 日本産機新聞 ][ 製品 ][ 運搬・建設機器 ] カテゴリの関連記事

【この人に聞く】アルム ・平山 京幸社長「加工プログラムを自動作成」

作成時間、大幅に削減・技能者は高度な仕事に力 自動機などを手掛けるアルムは今年9月、AI技術で3D製品モデルから切削加工プログラムを自動作成するソフトを出荷開始した。長年の経験やノウハウを持つ技能者が手間をかけていた作成 […]

三菱マテリアル 切削アカデミーオンラインにドリリングコースを追加

三菱マテリアル(東京都千代田区、03-5252-5200)はこのほど、切削工具ユーザーの技術者育成を目的としたオンライン講習会「切削アカデミーオンライン」2021年度下期の開催スケジュールを公開した。穴あけ作業の具体的な […]

松浦機械製作所 5軸立形MC「MXシリーズ」に新機種

直径420㎜対応 松浦機械製作所(福井県福井市、0776-56-8100)は、5軸制御立形マシニングセンタ「MXシリーズ」に、最大工作物寸法が直径420㎜×高さ300㎜の「MX‐420PC10」(写真)を追加し発売した。 […]

トピックス

関連サイト