2022年10月6日(木)

「現場の相棒」を寄贈 −ノダキ –

ボランティアスタッフの熱中症対策

 機械工具商社のノダキ(名古屋市西区、052-561-4371)は今年7月の豪雨で被災した地域のボランティアに従事する約2000人のボランティアスタッフに、「現場の相棒 塩ビタミンゼリー」を複数の企業や個人と共同寄贈した(写真)。

 きっかけは個人の方からノダキへの問合せで、ボランティアスタッフの多くは学生で熱中症の問題を抱えていると聞き、現場の相棒を1000本寄贈したいとの申し出から話は始まる。同社は全国社会福祉協議会に問合せ、寄贈数を増やすために仕入先や取引先、SNSなどで共同寄贈を呼びかけ、トータル22組、1万1200本を寄贈。

 寄贈先は大分県社会福祉協議会や熊本県社会福祉協議会などで、寄贈はノダキほか、mode‐rato(アパレルショップ)、末盛内科クリニック、恩田竜二氏(パラリンピック候補の車いすフェンシング選手)、徳田新之介氏(豊田合成ブルーファルコンのハンドボール選手)、宝和化学(自動車向けシートメーカー)、愛知県フェンシング協会、永井佑一郎氏(吉本興業の芸人)などが共同寄贈した。全国社会福祉協議会の千葉和成氏は「今夏は厳しい暑さが続いた。皆様からの寄贈品を大切に活用させて頂く」と話し、ノダキの野田典嗣社長は「現場の相棒で共創の風土を作れたと思う。共同寄贈してくださった方々に御礼と共に感謝状を贈らせて頂いた。SDGsを広めながら皆様の気持ちが社会貢献につながる。そのプラットフォームとなれたことを誇りに思う」と語った。

日本産機新聞 2020年10月20日

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

トークシステム 新型エアユニットを開発

ロボットハンドや治具にも 2023年発売目指す トークシステム(東京都港区、03-5730-3930)はこのほど、独自の固定機構「クイッククランパー」を搭載した新型エアユニットを開発した。ユニット同士を組み合わせることで […]

イグス 衛生設計のアクチュエータ

食品機械に対応 イグス(東京都墨田区、03-5819-2030)はこのほど、米食品医薬品局(FDA)準拠材質を採用した「ドライリンZLW歯付きベルト駆動リニアアクチュエータ」を開発した。洗浄が容易でメンテナンスフリーを実 […]

三菱マテリアル 溝入れ用バイトを拡充

1.2㎜の溝幅に対応 三菱マテリアル(東京都千代田区、03-5252-5200)はこのほど、溝入れ用バイト「GYシリーズ小物高精度加工用ホルダ」に「1.2㎜幅インサート&一体型ホルダ」を追加、発売した。 従来のイ […]

トピックス

関連サイト