2020年11月25日(水)

「現場の相棒」を寄贈 −ノダキ –

ボランティアスタッフの熱中症対策

 機械工具商社のノダキ(名古屋市西区、052-561-4371)は今年7月の豪雨で被災した地域のボランティアに従事する約2000人のボランティアスタッフに、「現場の相棒 塩ビタミンゼリー」を複数の企業や個人と共同寄贈した(写真)。

 きっかけは個人の方からノダキへの問合せで、ボランティアスタッフの多くは学生で熱中症の問題を抱えていると聞き、現場の相棒を1000本寄贈したいとの申し出から話は始まる。同社は全国社会福祉協議会に問合せ、寄贈数を増やすために仕入先や取引先、SNSなどで共同寄贈を呼びかけ、トータル22組、1万1200本を寄贈。

 寄贈先は大分県社会福祉協議会や熊本県社会福祉協議会などで、寄贈はノダキほか、mode‐rato(アパレルショップ)、末盛内科クリニック、恩田竜二氏(パラリンピック候補の車いすフェンシング選手)、徳田新之介氏(豊田合成ブルーファルコンのハンドボール選手)、宝和化学(自動車向けシートメーカー)、愛知県フェンシング協会、永井佑一郎氏(吉本興業の芸人)などが共同寄贈した。全国社会福祉協議会の千葉和成氏は「今夏は厳しい暑さが続いた。皆様からの寄贈品を大切に活用させて頂く」と話し、ノダキの野田典嗣社長は「現場の相棒で共創の風土を作れたと思う。共同寄贈してくださった方々に御礼と共に感謝状を贈らせて頂いた。SDGsを広めながら皆様の気持ちが社会貢献につながる。そのプラットフォームとなれたことを誇りに思う」と語った。

日本産機新聞 2020年10月20日

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

藍綬褒章を受章 −トラスコ中山–

大機器、中山哲也理事長  20年の秋の叙勲で、大阪機械器具卸商協同組合の中山哲也理事長(トラスコ中山社長)が藍綬褒章を受章した。理事長として業界発展に尽力したことに加え、中山視覚障害者福祉財団理事長、同社の社長として活動 […]

NEO新城工場が躍動 −オーエスジー–

デジタル駆使し超多品種少量生産  オーエスジーは、マザー工場のひとつである新城工場を「NEO(ネオ)新城工場」にリニューアルし、デジタル技術を駆使して超多品種少量生産を実現した。次世代を支える技術を詰め込んだ基幹工場が誕 […]

機械工具関連上場商社 –20年4-9月決算–

減収幅拡大も回復基調  機械工具上場商社9社と、製造業向けのネット通販上場企業2社の20年4‐9月期決算が出そろった(トラスコ中山、MonotaROは1‐9月期、NaITOは8月期)。コロナの影響で工場の稼働率の低下や設 […]

トピックス

関連サイト