2022年12月5日(月)

子どもを熱中症から守れ –ノダキ–

土木事業ホタコンと「塩ビタミンゼリー」を共同寄贈

磐田市教育委員会放課後自動クラブに寄贈した

 機械工具販売店のノダキ(名古屋市西区、052-561-4371)は熱中症対策商品として駄菓子メーカーの共親製菓(名古屋市西区)と共同開発した「現場の相棒 塩ビタミンゼリー」を、土木工事事業を手掛けるホタコン(名古屋市守山区)と共同で磐田市教育委員会放課後児童クラブに寄贈した(写真)。

 新型コロナウイルスの影響でマスクを着用している子供たちは熱中症にかかるリスクも高く、熱中症予防で好評を博している同商品で熱中症リスクの軽減につなげる取り組みだ。

 ノダキの野田典嗣社長は「子どもは自分でマスクを外す判断が出来ず、危険性を感じる。そこで子供でも食べやすい塩ビタミンゼリーが少しでも予防につながればと寄贈した」と語る。今回は土木工事を手掛けるホタコンとの共同で寄贈した。ホタコンの保田隼希社長は「土建業ですが、SDGsを取り入れた経営を考えていた矢先、異業種のコラボが決まり未来を担う子供たちのために寄贈しているノダキさんに共感しお願いした」と共同寄贈が実現。

 磐田市教育委員会の統括マネージャーである仲山彩織さんは「熱中症予防に子供たちには毎日麦茶を飲ませたり、外遊びの際は日陰に入るように言ったりと、熱中症対策を日頃考えているが、新型コロナウイルスもあり、対策に苦慮していた。塩ビタミンゼリーは非常においしく、おやつに配布するつもりで、磐田市全50カ所の学童すべてに配る」とした。

 ノダキではSDGsをテーマに、持続可能性を盛り込んだ商品開発やサービスの開発に取り組んでいる。

日本産機新聞 2020年9月5日

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト