2022年6月27日(月)

伊賀グローバルソリューションセンターをCGで再現 –DMG森精機–

最新機の魅力、ウェブ体験

 DMG森精機は同社ウェブサイト内でグループ最大の生産拠点である伊賀事業所の伊賀グローバルソリューションセンタをデジタルツインで再現した「デジタルツインショールーム」を公開した。

 フルCG制作(4K画質)で360度のパノラマビューにより、実際のショールームに来ているような体感ができる。パソコンやタブレット、スマートフォンでアクセス可能。

 デジタルツインショールームでは計45台の工作機械に加え、自動化システムや加工ワーク、治具・工具・周辺装置などDMQP製品(同社認定周辺機器)も展示し、製品情報やカタログ、展示に応じた特集ページ、関連動画など合計200以上のコンテンツを用意。

 今後は、機械の周囲を確認できる360度ビュー機能や周辺機器(DMQP)の購入、デジタル新機種発表会などをリリースする予定で、デジタル空間でしかできないユーザー体験を提供する。

 主な展示内容は、5軸加工機・複合加工機・立形/横形マシニングセンタ・ターニングセンタなど計45台の加工機、インフォメーションブース、オンラインセミナー受付、DMQP製品の展示、AM Lab&Fab(2020年開設予定の先行展示)、デジタルソリューションブース(my DMG MORI、デジタルアカデミー、CELOS Clubの案内)など。

日本産機新聞 2020年7月20日

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト