2020年7月4日(土)

ドリルボディ12D拡充 –タンガロイ–

刃先交換式ドリル ドリル・マイスター

 タンガロイ(福島県いわき市、0246-36-8501)はこのほど、先端交換式のドリル「ドリル・マイスター」のドリルボディ12Dを拡充した(写真)。

 ドリル・マイスターは独自の自己拘束型クランプシステムで、簡単で迅速なヘッド交換ができる。機上でも脱着でき、突き出し量の調整が不要で、ダウンタイムの大幅短縮につながる。

 今回、L/D12ボディ工具径φ23~25㎜のサイズを拡充した。また、円筒シャンクボディを採用。これにより、コレットチャック、ミーリングチャック、ハイドロチャックホルダーでの把握に最適で、これらのツールホルダで高い振れ精度を確保できる。

日本産機新聞 2020年6月19日

[ 切削工具 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

オンラインでJIMTOF –日工会–

オンラインでJIMTOF –日工会–

8出展者・来場者の期待に応え  日本工作機械工業会(日工会)は、開催を中止した「第30回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2020)」に代わり、ウェブを活用したオンライン展示会を検討していると発表した。  JIMTOF […]

三叉路

三叉路

 ○…マシニングアーティスト—。微細加工機メーカー・碌々産業の海藤満社長は、マシニングセンタを駆使して超精密な加工を実現する加工技術者をこう称する。「自らの豊かな感性と創造性を働かせて超精密な加工を手掛ける技術者は、まる […]

仕事考…

仕事考…

目標達成が必須 言い訳不要 プロの集団  コロナウイルス感染の第2派を警戒しつつ、経済は徐々に動き出している。予期しないパンデミックによって、業績に大きな影響を受けたのは機械工具業界も例外でない。しかし、事業存続のために […]

トピックス

関連サイト