2024年3月3日(日)

工作機器 2月生産37%減工作機械の受注減が影響

 日本工作機器工業会(寺町彰博会長・THK社長)が4月7日に発表した2020年2月の工作機器生産額は、前年同月比37・0%減の116億3689万円と大きく落ち込んだ。12カ月連続で前年同月を下回った。

 2月生産は、ボールねじや直線運動案内などの部分品が前年同月比40・8%減の67億5402万円、チャックやアクチュエータなどの工作物保持具が同32・5%減の14億2228万円、割出用アタッチメントなどの付属機器が同36・4%減の21億7576万円。工作機械の受注減少の影響を受けた。一方、ツーリングなどの工具保持具は同17・4%減の12億8481万円と減少幅が小さかった。

 新型コロナウイルスによる先行き不透明感が強い中、同工業会は、「先を見通すのは難しいが、競争環境による落ち込みではないので、新型コロナウイルスの影響が落ち着けば良くなるのではないか」とみている。

 

日本産機新聞 2020年4月20日

[ 分析 ][ 業界分析 ] カテゴリの関連記事

工作機械 2022年1-6月受注 内外需ともに好調

9000億円超え 日本工作機械工業会(日工会、稲葉善治会長・ファナック会長)はこのほど、2022年1-6月の工作機械受注額が前年同期比29.8%増の9112億2200万円になったと発表した。2018年に次ぐ過去2番目の受 […]

2022年各業界団体の見通し 受注・販売も、増加傾向続く

EV、5G関連に期待 工作機械・ロボット、測定機器 工作機械や産業用ロボット、測定機器など機械工具関連の2022年の業況は、昨年に続き増加傾向が続く。各業界団体が22年の見通しを発表し、日本工作機械工業会(日工会)は年間 […]

半導体製造装置 販売21年度22.5%増

22年度には3兆円到達 日本半導体製造装置協会(略称SEAJ、牛田一雄会長・ニコン会議長)はこのほど、2021~23年度の需要予測を発表した。21年度の日本製半導体製造装置の販売は前年度比22.5%増の2兆9200億円と […]

トピックス

関連サイト