2020年10月20日(火)

工作機器 2月生産37%減工作機械の受注減が影響

 日本工作機器工業会(寺町彰博会長・THK社長)が4月7日に発表した2020年2月の工作機器生産額は、前年同月比37・0%減の116億3689万円と大きく落ち込んだ。12カ月連続で前年同月を下回った。

 2月生産は、ボールねじや直線運動案内などの部分品が前年同月比40・8%減の67億5402万円、チャックやアクチュエータなどの工作物保持具が同32・5%減の14億2228万円、割出用アタッチメントなどの付属機器が同36・4%減の21億7576万円。工作機械の受注減少の影響を受けた。一方、ツーリングなどの工具保持具は同17・4%減の12億8481万円と減少幅が小さかった。

 新型コロナウイルスによる先行き不透明感が強い中、同工業会は、「先を見通すのは難しいが、競争環境による落ち込みではないので、新型コロナウイルスの影響が落ち着けば良くなるのではないか」とみている。

 

日本産機新聞 2020年4月20日

[ 分析 ][ 業界分析 ] カテゴリの関連記事

世界の半導体製造装置販売高 26%増の168億ドル 4‐6月期

中国、韓国がけん引役  日本半導体製造装置協会(SEAJ)と国際半導体製造装置材料協会(SEMI)は9月9日、2020年4‐6月期の世界半導体製造装置販売高が前年同期比26%増の168億ドル(約1兆7800億円)になった […]

影響の長期化懸念 –コロナ危機ユーザーアンケート–

 日本産機新聞は新型コロナウイルス感染症による企業活動への影響について、機械工具メーカーやユーザー50社にアンケート調査を実施した。ほぼ全ての企業が「影響がある」と回答。2020年度通期の売上は、「前年と比べて2~3割減 […]

鍛圧機械 3月受注19%減19年度は3年ぶりに前年下回る

 日本鍛圧機械工業会(坂木雅治会長・アマダ相談役)が発表した3月の鍛圧機械受注総額は、前年同月比19・3%減の301億4400万円と13カ月連続で前年同月比減少となった。2019年度は、前年度比21・7%減の3053億9 […]

トピックス

関連サイト