2020年4月3日(金)

大阪営業所リニューアル
東京精密

ショールームを2倍に

 東京精密は、大阪営業所(大阪府吹田市江坂町、増田岳史国内営業第4部部長)をリニューアルし、1月27日から業務を開始した。

 ショールームは従来の2倍に拡大し、大型セミナールームも設置した。2階事務所には、東京精密の計測および半導体製造装置の営業部門、計測器機のサービスを担当する東精エンジニアリング、半導体製造装置のサービスを担当するCE課、宅配ボックスを製造販売する東精ボックス、二次電池の評価装置を製造販売するアクレーテク・パワトロシステムの関連全部門が集結した。敷地面積は771・12㎡、延床面積は2109・01㎡。立体駐車場も完備。

 2月6日には、主要特約店など関係者を招いてオープニングセレモニーを開催した。カールツァイスのシュテファン・サクレ社長も駆けつけた。

 吉田均社長は「大阪営業所は西日本地区各営業所の本拠地。半導体業界が上向き、測定機器業界も今夏くらいから好転する事を見込んでおり、次の立ち上がりにオープンが間に合った。是非皆さんに活用して頂きたい」と述べた。

 特約店を代表して、阿部健治英和社長は「今、ユーザーが求めているのは品質向上であり、加えて従来の試験機が老朽化してリプレイスの時が来ている。大きなビジネスチャンスであり、一緒に頑張っていきたい」と期待を表した。

 友枝雅洋取締役計測社カンパニー長も「お客様にソリューションを提案し、バリューを提供していかなければならない」と決意を新たにした。

 

日本産機新聞 2020年3月5日

[ ニュース ][ 会社移転・新設 ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

三叉路

三叉路

 ○…「当面の間、首都圏地区の全従業員を在宅勤務とする」。あるメーカーでは、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、一部の拠点で在宅勤務を実施する。別のメーカーでも政府が「収束か拡大の瀬戸際」とする1週間は一部の従業員 […]

特定イメージを醸成 <br>選ばれる存在に育てる

特定イメージを醸成
選ばれる存在に育てる

ブランディング  知名度アップのために、機械工具業界の企業もテレビCMや新聞広告、バスケットボールやハンドボール、ゴルフ、自動車レースなど各種スポーツをサポートする様々なPR活動を展開している。  一方で「ブランディング […]

エア配管不要 レイアウト簡単
妙徳

新型ロボアーム  妙徳(東京都大田区、03-3759-1491)はこのほど、ロボットハンド「e・ハンド SGEシリーズ」を発売した。  小型の真空ポンプを内蔵しており、コンプレッサーが不要で、エア配管も必要ないため、ライ […]

トピックス

関連サイト