2022年1月24日(月)

耐熱合金用超硬ドリル
三菱マテリアル

工具寿命、穴品位が向上

 三菱マテリアルはこのほど、耐熱合金加工用超硬ソリッドドリル「DSAシリーズ」(写真)を発売した。独自のクーラント穴形状やPVDコーテッド超硬材種などを採用。加工硬化や切削熱が上昇しやすい耐熱合金の加工でも長寿命化と穴品位の向上を実現する。

 内部給油式と外部給油式の2種類を揃える。加工径5㎜以上の内部給油式は独自のクーラント穴形状を採用した。ドリル剛性を低下させることなく、クーラント吐出量を増大させ、潤滑性や冷却性が向上した。

 頑丈な直線状切れ刃と耐熱合金加工用ホーニングによって、安定した切りくずを生成するほか、チッピングも抑制する。また、耐熱合金加工用に設計されたマージンによって、接触面積を最小化させ、切削熱と加工硬化も抑制する。

 さらに、PVDコーテッド超硬材種「DP9020」を採用。靭性を維持しながら硬度を高めることによって、耐摩耗性を向上させた。

 内部給油式「DSAS」 、外部給油式「DSAE」で加工径3㎜から12㎜までの96アイテムを揃える。

 

日本産機新聞 2019年11月5日

[ 切削工具 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

業界団体 年頭所感

PART1:日本鍛圧機械工業会  北野 司会長「変化・変容で立ち向かう」PART2:日本ロボット工業会  小笠原 浩会長「ロボットの利用分野拡大へ」PART3:日本光学測定機工業会 […]

2022年各業界団体の見通し 受注・販売も、増加傾向続く

EV、5G関連に期待 工作機械・ロボット、測定機器 工作機械や産業用ロボット、測定機器など機械工具関連の2022年の業況は、昨年に続き増加傾向が続く。各業界団体が22年の見通しを発表し、日本工作機械工業会(日工会)は年間 […]

冨士精密  新たな実験室を稼働

冨士精密 新たな実験室を稼働

ナットなどテスト環境を強化 ゆるみ止めナットのメーカーである冨士精密(大阪府豊中市、06-6862-3112)はユーザーの課題解決やソリューション提案を図るため、ボルトやナットのゆるみ評価が行える実験室の設備強化を図り、 […]

トピックス

関連サイト