2022年5月25日(水)

コンビニ型在庫センター
オーエスジー

アジア地域で展開

タイ・バンコクのバンナー在庫センター内部、約15000アイテムを在庫し、注文後、翌日配達が可能

 オーエスジーは、5年前からアジア地区を中心にコンビニ型在庫センターを展開し、実績を拡大している。

 第1号はタイ・バンコクの日本の工具商社が集まっている地下鉄駅を出た所。「こんなに商品があるなら、日本から取り寄せるのをやめて、オーエスジーの商品でいい」と好評を得た。ゲージなどもいい例だ。売れないのは、その商品があることを顧客が知らなかっただけということだ。

 そこで、シンガポール、台湾、ベトナム(3ヵ所)、インドネシアにも展開。現在は、全てネットでつながっていて、在庫管理は本社で行う。コンビニ型の場合、スペースが限られているため、売れた商品をすぐに補充する必要がある。現地と情報交換しながら補充本数を決定し、アジア各国へはシンガポールから補充する。「現地ユーザーを開拓できたことが大きな成果」と石川則男社長。

 台湾は、元々タップ・ダイスだけを販売していたが、コンビニ型在庫センターがきっかけでエンドミルやドリルが売れるようになった。そこで、再研磨工場やコーティング工場も建設。そうすると、さらに販売量が増えて、台湾でエンドミルやドリルも生産するようになった。「最近ではインデキサブル工具も置くようになった」という。

 

日本産機新聞 2019年10月5日

[ ニュース ][ 企業紹介 ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト