2019年10月20日(日)

ワーク搬送装置 MCに内蔵、省スペース
エンシュウ

 エンシュウ(静岡県浜松市南区)は、マシニングセンタ(MC)に内蔵できるワーク自動搬送装置を開発した。

 自動車部品等の量産加工においてはワーク自動搬送化が進んでいるが、MC前面や側面にロボットを配置したり、機械上方にガントリーローダーを設備するなど、自動搬送装置をMC外部に近接して個別に独立配置することが一般的だ。

 今回同社は、MCに内蔵できる自動搬送装置を開発し、省スペース化と低コスト化に貢献する。

 この自動搬送装置は、MCに内蔵されているので手作業仕様時と同等のMC設置スペースで組み込むことができる。しかもMCの制御装置で駆動させるため、搬送装置のコントロールもMCの操作盤から行うことができるので、加工との連携や立上げが容易。操作のための特別な技能も不要。

 搬送装置の可搬重量は搬出/搬入側各々10㎏で、標準的搬出入時間は7秒以下に設定できる。

 第一弾として、同社のMC「WE30V」に内蔵し、10月に名古屋で開催されるメカトロテックジャパン2019に出展する予定。

日本産機新聞 2019年9月20日

[ 工作機械 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

11月1日を「3枚刃ドリルの日」に
オーエスジー

特別イベントを実施  オーエスジーは、11月1日を「3枚刃ドリルの日」として、当日限定でイベントを実施する。イベント内容は、同社の3枚刃ドリルを標準価格(税別)で合計3万円以上購入(1ユーザー1口限定)すると、抽選で3名 […]

この人に聞く
オークマ 家城 淳社長

 令和元年に新社長に就任したオークマ・家城淳社長。市場が不透明化している中、「機電情知一体」「日本で作って世界で勝つ」を掲げるオークマの今後について家城社長の思いを聞いた。 令和は「自動化の時代」 今後の工作機械市場をど […]

コンビニ型在庫センター
オーエスジー

アジア地域で展開  オーエスジーは、5年前からアジア地区を中心にコンビニ型在庫センターを展開し、実績を拡大している。  第1号はタイ・バンコクの日本の工具商社が集まっている地下鉄駅を出た所。「こんなに商品があるなら、日本 […]

トピックス

関連サイト