2024年2月23日(金)

中部物流センター移転
ユアサ商事

当日配送エリアを拡充
物流機能を強化

 ユアサ商事は8月26日、中部圏の物流機能を強化するため、中部物流センターを移転し、業務を開始したと発表した。従来の2倍近くの広さを確保し、在庫も積み増すほか、当日配送エリアも拡大する。関東の物流拠点の集約に続く改革で、今後も全国で物流体制の最適化を進める。

 新中部物流センターは、名古屋高速大高線笠寺ICの近くの「ロジクロス名古屋笠寺」(写真)内の一角に移転する。倉庫内の延べ床面積は2180平方mで、従来のセンターと比べ、2倍近くの広さを確保した。在庫も要望に応じて順次増やすほか、名古屋市を中心とした当日配送エリアも要望に合わせて拡大する計画だ。非常用電源を設置するなど、BCP(事業継続計画)対応も図った。

 倉庫作業などの物流業務は物流受託サービス企業プラスロジスティクスに委託し、効率的な運用を図る。一方で、倉庫管理システムは内製し、販売店やユーザーの要望に柔軟に対応できるようにする。

 同社では、物流機能を強化するため、今年4月にロジスティクス戦略室を設置。9つの主要な物流拠点の一元的な管理や、効率的な運用を進めている。2016年には、関東の物流拠点を千葉県に集約したが、今回の移転もその一環。ロジスティクス戦略室の鈴木和也室長は「今後もまずは大阪や九州、東北など主要拠点を中心に、継続して物流機能の最適化を進めていく」としている。

日本産機新聞 2019年9月20日

[ ニュース ][ 会社移転・新設 ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト