2019年9月15日(日)

1~6月工作機械受注額 30%減の6819億円
日工会

6月は1千億円割れ 年間目標を下方修正へ

 日本工作機械工業会(飯村幸生会長)は7月23日、2019年1‐6月累計の受注額が前年同期29・3%減の6819億円だったと発表した。半期ベースで7000億円を割り込んだのは16年の下期以来5半期ぶり。6月単月も989億円と32か月ぶりに1000億円を下回った。

 好不況の分水嶺とされる1000億円近くの水準だが、飯村会長は「反転する状況にはない」とし、見通しについても「9月には下方修正する」と期初目標の1兆6000億円の見直しを明言した。

 内需の1‐6月の受注累計は2663億円と前年同期比で30・6%減少した。主要4業種(一般機械、自動車、電機・精密、航空・造船・輸送用機械)全てマイナス。自動車は786億円と4割近く減少したほか、電機・精密も240億円と4割以上減った。

 一方、外需も厳しく、1‐6月累計で4156億円と前年同期で28・4%マイナスとなった。北米、欧州、アジア主要3極全てで減少。なかでも、中国経済の停滞の影響を受けたアジアは1720億円と上期では3年ぶりに2000億円を割り込み、中国での受注も947億円と48・2%減となった。

 今後の動向について、飯村会長は「(6月の受注は)1000億円にからんだラインなので悲観はしていない。ただ、急激に反転するイメージはない」と話し、長期化する見通しを示した。通期予想も「下期の状況が見え出した9月には下方修正を発表する」と述べ、期初の1兆6000億円の見直しを明言した。

産機新聞 2019年8月5日

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

メカトロテックジャパン2019ポケットガイド
先着2000名様に進呈!

 日本産機新聞社/金型新聞社は、メカトロテックジャパン2019(10月23日(水)~10月26日(土)、ポートメッセなごや)のポケットガイドブック(10月16日発刊予定、4万5千部)を、ご希望の先着2000名様に無料でプ […]

日本産機新聞 縮刷版(2018年)

日本産機新聞を一括収録!! 機械工具業界の過去1年分のニュース(記事)をまとめました。ものづくりの世界を縮刷本でお届け!おすすめです!「明日の機械工具経営に」「営業マン、店頭での参考資料に」「ユーザーへの新製品情報の提供 […]

金型しんぶん 縮刷版(2018年)

関連業界に広くご利用いただいています! 【おすすめ】金型業界の皆様のご要望にお応えして発刊!製造業(ものづくりの世界)で取材した記事を1年分まとめた縮刷本です。【書籍】「金型新聞を保存したい!」「1年分の新聞の保存が難し […]

トピックス

関連サイト