2022年6月27日(月)

砥石の使い方を体験
レヂボン水魚会

販売実務者の研修会

 日本レヂボン(大阪市西区、06・6538・0136)の販売店・卸商社との交流研鑽組織レヂボン水魚会の関西支部は3月11日、兵庫職業能力開発促進センター(兵庫県尼崎市)で砥石の基礎知識を学び使い方を体験する研修会を開いた。機工商や溶材商の営業など15社25人が参加した。

 砥石の知識や理解を深め、様々なユーザーニーズに応じてより良い提案をする力をつけてもらうのが目的。参加者は座学で砥石の素材や摩耗で砥粒が剥離し新たな砥粒が生まれるメカニズムを学び、実習では、「飛騨の匠・颯」や「スキルタッチ」と電動グラインダで研削や切断加工を体験した。

日本産機新聞2019年4月20日

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

東日製作所 最新カタログ無料配布

ISO6789:2017対応を解説 東日製作所(東京都大田区、03-3762-2451)はこのほど、最新版のカタログ「東日トルク機器総合製品案内」を発刊した。紙、PDFのダウンロード、電子カタログに対応し、いずれも無料で […]

東和コーポレーション 食品工場向けロボ専用手袋

防水性や環境性を向上 手袋メーカーの東和コーポレーション(福岡県久留米市、0942-32-8355)は、ロボット専用グローブ「ロボグローブ」シリーズから、国際ロボット展で披露した食品工場向けの「ロボカバー」((写真)と「 […]

大喜産業 AMRを複数台管理

複数ロボ間で指令の優先順位を選択 大喜産業(大阪市西区、06-6541-1987)は自律走行搬送ロボット(AMR)である『MiR』の運行管理を行う「MiR Fleet」の提案を強化している。最適化されたロボットトラフィッ […]

トピックス

関連サイト