2022年10月6日(木)

ふぁいと‼︎〜機械工具業界で活躍する女性たち

日伝 営業推進部マーケティンググループ空間洗浄Lab.拡販チーム
石田さやかさん
阪野千里さん

日伝 営業推進部マーケティンググループ空間洗浄Lab.拡販チーム

石田さやかさん  阪野千里さん

新市場開拓を目指して

石田さやかさん 1985年生まれ、大阪市出身。2003年大阪府立港高校卒、07年日伝に入社。西淀営業所で営業事務、北大阪営業所と大阪支店で今年4月までの7年間、営業を経験。趣味はゴルフ、ベストスコアは101。33歳。
 阪野千里さん 1994年生まれ、大阪府羽曳野市出身。2017年大阪経済大学情報社会学部卒、日伝に入社し営業推進部MEKASYSグループに。お酒が好き、最近気に入っているのが焼酎の梅干し入り。24歳。今年4月、営業推進部に新設された「空間洗浄Lab.拡販チーム」に配属された。取り組んでいるのはマイクロミスト噴霧型加湿器「NEBULE」(ネブル)の販促活動やマーケティングだ。

    NEBULEは微粒な殺菌料を噴霧して空気中の細菌やウイルスを除菌する装置。そんな空気洗浄機は今までに無く、FA機器が主力の日伝では一昨年に取扱いを始めた新分野の商品。

 そのため市場の認知度はまだまだ低い。チームの仕事は世に知られていないその画期的な空気洗浄機を、訪問活動や展示会を通じてユーザーに伝え、ニーズを探ること。

 7年の営業経験があり主に現場でのマーケティングを担当する石田さんは「お客様に使って頂いたり、テスト結果を出して効果を確かめてもらったり。コツコツと現場の声をお聞きして、社内にフィードバックしています」。

 その一方、主に社内でチームを支える阪野さんは「市場調査は私たちの仕事。けれど実際に販売して頂くのは(日伝の)営業の皆さん。NEBULEの特長がより伝わりやすい販促グッズや販促の仕組みを考えていきたい」。

 NEBULEは工場やオフィスからの注文を着実に伸ばしている。しかしそれはチームにとって通過点に過ぎない。次の目標は新市場の開拓。「食品や医療、農業などもっと色んな市場にNEBULEを発信していきたいです」(石田さん)。

日本産機新聞  2018年11月5日号

 

[ ふぁいと!! ][ インタビュー ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

トークシステム 新型エアユニットを開発

ロボットハンドや治具にも 2023年発売目指す トークシステム(東京都港区、03-5730-3930)はこのほど、独自の固定機構「クイッククランパー」を搭載した新型エアユニットを開発した。ユニット同士を組み合わせることで […]

イグス 衛生設計のアクチュエータ

食品機械に対応 イグス(東京都墨田区、03-5819-2030)はこのほど、米食品医薬品局(FDA)準拠材質を採用した「ドライリンZLW歯付きベルト駆動リニアアクチュエータ」を開発した。洗浄が容易でメンテナンスフリーを実 […]

三菱マテリアル 溝入れ用バイトを拡充

1.2㎜の溝幅に対応 三菱マテリアル(東京都千代田区、03-5252-5200)はこのほど、溝入れ用バイト「GYシリーズ小物高精度加工用ホルダ」に「1.2㎜幅インサート&一体型ホルダ」を追加、発売した。 従来のイ […]

トピックス

関連サイト