2019年2月21日(木)

日工会
18年工作機械受注額 1.85兆円に上方修正

 日本工作機械工業会(飯村幸生会長)は、2018年の工作機械受注額見通しを前年比12・4%増の1兆8500億円に上方修正した。達成すれば、1兆6455億円だった昨年に続き、2年連続で過去最高を記録する。内外需ともに投資意欲が旺盛で、年内は好調さが続くと予想した。

 年初の見通しは1兆7000億円だったが、1-8月の累計受注額が1兆2555億円と見通しを上回るペースで推移。また、今後も11月に東京ビッグサイトで開かれる工作機械見本市「JIMTOF2018」や各社のプライベートショーなどによる需要喚起も期待でき、好調さが継続すると予想し、上方修正に踏み切った。内訳は内需が78000億円、外需が1兆700億円。内需が7000億円台に達するのは、07年の7264億円以来、10年ぶり。過去4番目の高い水準となる。外需は昨年に続き2年連続で1兆円超となる。毎月の受注額が1486億円のペースを維持すれば到達する見通し。

 飯村会長は「米中貿易摩擦などのリスクはあるが、内外需ともに堅調に推移するとみている」とし、「ユーザー各社は今後に向けて、自動化や効率化など今は設備をしっかり固める時期という認識を持っている」と話した。

日本産機新聞 平成30年(2018年)10月5日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

社員交流会でヨガ体験<br>東京都機械工具商業協同組合(東機工)

社員交流会でヨガ体験
東京都機械工具商業協同組合(東機工)

東京都機械工具商業協同組合(小池達夫理事長)は1月25日、組合事務局(東京都港区)でヨガ体験教室を開いた。会員企業の社員など15人が参加し、汗を流した。  会員企業の社員交流会「ときメイト」の活動の一環。ヨガインストラク […]

国内生産体制刷新へ<br>新PJ「OSG4.0」が始動<br>オーエスジー

国内生産体制刷新へ
新PJ「OSG4.0」が始動
オーエスジー

 オーエスジーは、国内生産体制刷新に向けて新プロジェクト「OSG4.0」を立ち上げた。80周年を終え「OSGがOSGであり続けるために!」という思い(石川則男社長)から、「信頼を未来へつなぐ」ことがテーマ。①器としての新 […]

土岐に新工場  20年4月稼働<br>アマダホールディングス

土岐に新工場  20年4月稼働
アマダホールディングス

曲げ加工機の生産倍増  アマダホールディングスは、岐阜県の土岐事業所内に金属の曲げ加工機や自動搬送装置を生産する第二工場を新設する(写真)。2020年4月の稼働予定で、生産能力を従来に比べ倍増させ、高まる加工効率化や自動 […]

トピックス

関連サイト