2022年1月26日(水)

【ウェブ限定】吸着クランプシステム―シュマルツ

あらゆる形状に対応

コスト、段取り時間を大幅削減

真空機器 真空機器メーカーのシュマルツ(横浜市都筑区、045・565・5150)はこのほど、曲面や凹凸のあるワークを吸着搬送、クランプできる3D吸着クランプシステム「SSCB」を発売した。今までワークに合わせて必要だった専用治具が不要になり、コストや段取り時間を大幅に削減する。
 
 吸着パッドと位置決めピンが一体化しており、従来のパッドのみでの吸着に比べ、安定性が向上。揺れや位置決めのばらつきを抑える。位置決めピンは圧縮エアで高さを調節できるため、あらゆる製品に対応する。
 
 今までは基準ピンやガイドなどを使用し、各ワークに合わせて専用の搬送ハンドや治具を製作する必要があったが、「SSCB」によって汎用化が可能。特に多品種・小ロット生産の加工や溶接工程に適している。
 
 製品ラインアップは、位置決めピンのセットアップが容易な一括ロックタイプと位置決めピンの許容荷重がより大きい個別ロックタイプの2種類をそろえる。

[ 【ウェブ限定】 ][ 工作用機器 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

三井精機工業 全国3カ所で新製品発表会を開催

オイルフリー、屋外設置型の新機種を披露 三井精機工業(埼玉県川島町、049-297-5555)は1月から2月にかけて、埼玉、名古屋、大阪の全国3カ所で新製品発表会を開催する。水潤滑インバータオイルフリーコンプレッサや屋外 […]

業界企業 年頭所感

PART01:Cominix  柳川 重昌社長「方向転換の時期」 PART02:シミヅ産業  清水 善徳社長「油圧機器に全国対応」PART03:テヅカ   三橋 誠社長「 […]

業界団体 年頭所感

PART1:日本鍛圧機械工業会  北野 司会長「変化・変容で立ち向かう」PART2:日本ロボット工業会  小笠原 浩会長「ロボットの利用分野拡大へ」PART3:日本光学測定機工業会 […]

トピックス

関連サイト