2023年1月30日(月)

三菱マテリアル 3社コラボセミナー
航空機部品を高能率加工

三菱マテリアル コラボセミナー

 三菱マテリアルは、10月27日、同社中部テクニカルセンター(岐阜県神戸町、岐阜製作所内)で、「航空機部品加工における高能率工具と最新5軸加工」をテーマにオープン・マインド・テクノロジーズ・ジャパン、愛知産業と3社によるコラボレーションセミナーを開いた。製品紹介の後、実機による加工実演を行い、その高パフォーマンスを体感した。

 加工技術センター・山田雅人センター長は「工具メーカーとして、ツールパスや加工機も含めてユーザーの困りごとに役立つソリューションを提供したい。お客様の技術を高めるきっかけになれば…」とセミナーの目的を語った。

 オープン・マインド・テクノロジーズ・ジャパンは、5軸加工用として人気のCAM「hyper MILL」のバレル工具に対応したパッケージ「MAXX Machininng」による高能率加工パスなどを紹介した。

 愛知産業は、高剛性・高安定性・高精度を誇る独・ハームレ社の同時5軸マシニングセンタと、コンパクトで干渉が少なく接近性が良くて5軸加工をさらに効率化する独・ラング社のクランピングシステムを紹介。

 三菱マテリアルからは、難削材の高能率加工を実現したマルチクーラントホール付き制振エンドミル(クールスター)をはじめ、チタン合金・耐熱合金加工用の開発商品やブリスクなどを高能率に加工可能なオーバルフォームエンドミル(接線バレル工具)などの狙いと性能の高さを紹介した。

日本産機新聞 平成29年(2017年)11月5日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト