2022年1月24日(月)

「パトライト」

回転灯の代名詞

パトライト 回転灯、表示灯の代名詞として、高い認知度を誇るパトライト。同社の名前の由来は、よく知られたパトカーに搭載された回転灯「パトロールカーライト」のイメージがもとになっている。

 当時の社名は『佐々木電機製作所』。パトライトは回転灯の商品名(商標)として利用され、テレビやラジオなどの積極的なCM展開もあり、「回転灯=パトライト」という確固たるブランド呼称として世間に浸透させてきた。1994年にはCI(コーポレート・アスデンティティ)の一環として、商品名「パトライト」を社名に採用し、グローバル展開をおこなってきた。

 日本国内では当たり前のように浸透しているパトライトだが、海外での認知度はそれほど高くはない。世界のどこに行っても「回転灯=パトライト」が目標という。

 現在はネットワーク対応の表示灯や無線で工作機械等の稼動情報を簡単に収集できるIoT関連製品もラインナップし、情報表示機器のリーディングカンパニーを目指す。

日本産機新聞 平成28年(2016年)10月25日号

[ コラム ][ 命名 ] カテゴリの関連記事

三叉路…

三叉路…

〇…「自分にとって大切な誰かを他の人に紹介することは自らの一部を削って渡しているのと同じこと」。取材先の経営者に言われた言葉だ。その人が伝えたかったのは、信頼のおける人を紹介することは、それだけ重要な行為で責任が伴うとい […]

自律的な人材を求む 大谷選手だけでは優勝できない -仕事考-

自律的な人材を求む 大谷選手だけでは優勝できない -仕事考-

大谷翔平選手は、2刀流にやり甲斐を求めてエンゼルスに入団し、大活躍している。だがスーパースター大谷選手一人では、チームは優勝できない。今回は、全社員が高度な戦力になり、生産性を向上することについて考えたい。 働き甲斐があ […]

三叉路…

三叉路…

○…人手不足を背景に日本のものづくりは次代への技能継承が課題だ。人から人への伝承は指導と学びの手間と時間が欠かせない。それを補完するものとして注目されているのがデジタル技術だ。ものづくりの現場で技術活用の取り組みが進む。 […]

トピックス

関連サイト