2024年5月24日(金)

全機工連、岐阜で若手交流会

来年9月 全国に参加呼びかけ

中部ブロック会議で報告

 全日本機械工具商連合会(前西孝夫会長)は3月22日、東京第一ホテル錦(名古屋市)で中部ブロック会議を開き、会員など約100人が出席し、同ブロックが担当する人材開発委員会の活動など報告した。

 それによると、「全国機工流通若手会」を9月9~10日にかけ、岐阜県で開催することを決定。岐阜機工会の嶋﨑晴久会長を中心に全国の組合・機工会に所属する若手経営者に参加を呼びかけるほか、組合に青年部がなくても参加できるなど、将来の業界を担うリーダーの発掘と育成を支援するのが狙い。人材開発委員会の水谷隆彦委員長は「青年部のない機工会からも若手経営者、経営幹部が参加できる。若手リーダーが広く活躍できる場を提供していきたい」と挨拶した。

 また、中部ブロック会議では、各地域の景況感も報告。愛知県下はトヨタ自動車を中心に好調が持続するという意見が多い一方、三重県、静岡県などは市場が低迷している影響などで厳しいという意見が出た。

 さらに、昨年愛知県機械工具商業協同組合が行った海外調査の報告と「機工商社の将来を語る」をテーマに討論会が開かれた。調査先はベトナムで、自動車など日系企業が多く進出している。工具流通で日系ユーザーなどを訪問し調査を行った結果、工具流通に関しては不便と感じていないユーザーが大半で、タイなど近隣諸国から調達することも可能で、日本と同じく差別化できる能力が必要だとの見解を示した。

日本産機新聞 平成28年(2016年)4月15日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト