2022年10月6日(木)

全機工連、岐阜で若手交流会

来年9月 全国に参加呼びかけ

中部ブロック会議で報告

 全日本機械工具商連合会(前西孝夫会長)は3月22日、東京第一ホテル錦(名古屋市)で中部ブロック会議を開き、会員など約100人が出席し、同ブロックが担当する人材開発委員会の活動など報告した。

 それによると、「全国機工流通若手会」を9月9~10日にかけ、岐阜県で開催することを決定。岐阜機工会の嶋﨑晴久会長を中心に全国の組合・機工会に所属する若手経営者に参加を呼びかけるほか、組合に青年部がなくても参加できるなど、将来の業界を担うリーダーの発掘と育成を支援するのが狙い。人材開発委員会の水谷隆彦委員長は「青年部のない機工会からも若手経営者、経営幹部が参加できる。若手リーダーが広く活躍できる場を提供していきたい」と挨拶した。

 また、中部ブロック会議では、各地域の景況感も報告。愛知県下はトヨタ自動車を中心に好調が持続するという意見が多い一方、三重県、静岡県などは市場が低迷している影響などで厳しいという意見が出た。

 さらに、昨年愛知県機械工具商業協同組合が行った海外調査の報告と「機工商社の将来を語る」をテーマに討論会が開かれた。調査先はベトナムで、自動車など日系企業が多く進出している。工具流通で日系ユーザーなどを訪問し調査を行った結果、工具流通に関しては不便と感じていないユーザーが大半で、タイなど近隣諸国から調達することも可能で、日本と同じく差別化できる能力が必要だとの見解を示した。

日本産機新聞 平成28年(2016年)4月15日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

トークシステム 新型エアユニットを開発

ロボットハンドや治具にも 2023年発売目指す トークシステム(東京都港区、03-5730-3930)はこのほど、独自の固定機構「クイッククランパー」を搭載した新型エアユニットを開発した。ユニット同士を組み合わせることで […]

イグス 衛生設計のアクチュエータ

食品機械に対応 イグス(東京都墨田区、03-5819-2030)はこのほど、米食品医薬品局(FDA)準拠材質を採用した「ドライリンZLW歯付きベルト駆動リニアアクチュエータ」を開発した。洗浄が容易でメンテナンスフリーを実 […]

三菱マテリアル 溝入れ用バイトを拡充

1.2㎜の溝幅に対応 三菱マテリアル(東京都千代田区、03-5252-5200)はこのほど、溝入れ用バイト「GYシリーズ小物高精度加工用ホルダ」に「1.2㎜幅インサート&一体型ホルダ」を追加、発売した。 従来のイ […]

トピックス

関連サイト