2021年12月2日(木)

全機工連、岐阜で若手交流会

来年9月 全国に参加呼びかけ

中部ブロック会議で報告

 全日本機械工具商連合会(前西孝夫会長)は3月22日、東京第一ホテル錦(名古屋市)で中部ブロック会議を開き、会員など約100人が出席し、同ブロックが担当する人材開発委員会の活動など報告した。

 それによると、「全国機工流通若手会」を9月9~10日にかけ、岐阜県で開催することを決定。岐阜機工会の嶋﨑晴久会長を中心に全国の組合・機工会に所属する若手経営者に参加を呼びかけるほか、組合に青年部がなくても参加できるなど、将来の業界を担うリーダーの発掘と育成を支援するのが狙い。人材開発委員会の水谷隆彦委員長は「青年部のない機工会からも若手経営者、経営幹部が参加できる。若手リーダーが広く活躍できる場を提供していきたい」と挨拶した。

 また、中部ブロック会議では、各地域の景況感も報告。愛知県下はトヨタ自動車を中心に好調が持続するという意見が多い一方、三重県、静岡県などは市場が低迷している影響などで厳しいという意見が出た。

 さらに、昨年愛知県機械工具商業協同組合が行った海外調査の報告と「機工商社の将来を語る」をテーマに討論会が開かれた。調査先はベトナムで、自動車など日系企業が多く進出している。工具流通で日系ユーザーなどを訪問し調査を行った結果、工具流通に関しては不便と感じていないユーザーが大半で、タイなど近隣諸国から調達することも可能で、日本と同じく差別化できる能力が必要だとの見解を示した。

日本産機新聞 平成28年(2016年)4月15日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

三菱マテリアル 切削アカデミーオンラインにドリリングコースを追加

三菱マテリアル(東京都千代田区、03-5252-5200)はこのほど、切削工具ユーザーの技術者育成を目的としたオンライン講習会「切削アカデミーオンライン」2021年度下期の開催スケジュールを公開した。穴あけ作業の具体的な […]

松浦機械製作所 5軸立形MC「MXシリーズ」に新機種

直径420㎜対応 松浦機械製作所(福井県福井市、0776-56-8100)は、5軸制御立形マシニングセンタ「MXシリーズ」に、最大工作物寸法が直径420㎜×高さ300㎜の「MX‐420PC10」(写真)を追加し発売した。 […]

ジーネット 東京機械加工システム展

11月19・20日 東京流通センターで 最新の機械や工具などの機械加工に特化した展示会「東京機械加工システム展」が11月19・20日、東京都大田区の東京流通センターの第二展示場で開かれる。最新技術や製品の展示はもとより、 […]

トピックス

関連サイト