2022年12月1日(木)

第18回機械要素技術展 東京ビッグサイト 6月25日~27日

機械要素の新技術

歯車、ねじなど 18の分野で展示

機械要素技術展 写真①
機械要素技術展 写真②機械要素技術展 写真③

6月25日から3日間、東京ビッグサイトで、ねじや歯車、材料などの最新の機械要素技術を紹介する「機械要素技術展(M―Tech)」が開催される。主催はリードエグジビションジャパン。歯車や機械材料のほか、モータ、油空圧機器、難削加工、計測など18の分野ごとに最新の製品・加工技術が紹介される。また、バリ取り・表面処理セミナーも行われる。同展は「日本ものづくりワールド」と銘打った4つの展示会のなかの一つで、今回は過去最高となる2100社を上回る見通し。同展以外では、「設計製造ソリューション展」、「3D&バーチャルリアリティ展」、「医療機器開発・製造展」が開かれる。

新たに配管部品フェア

機械要素技術展はねじやばね、軸受け、モータなどの最新の機械要素や加工技術が紹介される専門展。特長的なのは、来場者の多様性だ。経営者はもとより、設計、開発、研究、生産技術、購買など、メンテナンス担当者など幅広い層が訪れる。販売店にとってはいずれも顧客ターゲットとなる層で、ユーザーニーズが同展にはある。
今回も来場者が自ら探しているものが見つけやすいように、分野別ごとにフェアを開く。モーション技術、モータ、油空圧機器、ねじ・締結、ばね、工具などの18のフェアを設置した。なかでも、今回は、パイプや継手などの配管部品フェアを新設した。
 また、「バリ取り・表面仕上げフェア」と併催して行われる専門セミナーでは、関西大学の北嶋弘一名誉教授が「バリ取りエッジ仕上げ入門」をテーマに、バリ取りの基礎秘術について講演するほか、出展者らが事例を紹介する。
同展は「日本モノづくりワールド」と銘打った総合展4つのなかのひとつ。ほかにも、「設計製造ソリューション展」、「3D&バーチャルリアリティ展」、「医療機器開発・製造展」も同時開催される。
セミナーや来場の申し込みは同展ホームページwww.mtech-tokyo.jp

日本産機新聞 平成26年(2014年)6月15日号

[ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

神機協3支部交流会 2年ぶりの開催

インボイスを学ぶ 神奈川県機械器具機材商業協同組合(金沢邦光理事長、金沢工機会長)は10月25日、三支部交流会を開催。約40人が参加し、インボイス制度について学んだ。 金沢理事長は「コロナ禍があったため、色んな行事が開催 […]

トピックス

関連サイト