2023年2月7日(火)

新社長に聞く2016
トミタ産業 坂本 浩範社長

 

高付加価値のPB商品に力

 

★DSC07135_R

アンテナ広げれば宝が

―新社長になられて、何に力を入れますか。
PB商品に力を入れています。夏はクールウェア、冬はヒートベストを発売し、販売も順調に伸びました。

―これまでもPB商品をされていましたが、違うところはありますか。
これまでとは異なる考え方とスピード感を重要視しています。今までのPB商品は『安いが品質は良くない』でした。そうすると、お客様から次のリピートが入らず、最終的にブランド価値を下げてしまいます。付加価値の高い商品開発を行うことが重要です。

―開発のペースは。
2カ月に1つの商品を発売するのが理想。企画案やニーズ調査を行うため、各営業所に1人専任担当を設け、月1回の会議を開いています。もちろん取引メーカーから提案も頂いています。加えて、PB商品の在庫を増やせるように、岡山県に新物流センターを建て、体制を整えています。

―商社として注力していることは。
専門知識を高めることと新商品探し。前者はメーカー勉強会を月1回行っています。後者は他の業界まで足を運び、機械工具業界で売れる商材を探しています。例えば、家庭用洗剤メーカーが作った工業用洗剤や熱中症対策の食品はニーズも多く、販売が増えています。広いアンテナを持ち、視点を変えれば宝が沢山あると思います。

―これからの理想像は。
利益を出せる企業です。理想に近づくためには「PBありき」ですね。今は新規開拓も難しいですが、PB商品は新規開拓もでき、お客様の利益に繋がればと思います。リスクも当然ありますが、今後販路を広げ、将来はPBを扱う子会社を作りたい。もちろん卸商として色を出すために、全国的な販売力をつけていきたい。現在は西日本がメインですが、東も視野に見据えています。そうできるように体制作りから始めています。


プロフィール

1970年生まれ。大阪市出身。大阪商業高等学校(現大商学園)卒。1986年同社入社、2007年取締役営業本部長、13年専務取締役。趣味は日曜大工、革細工など。


日本産機新聞 平成28年(2016年)1月25日号

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト