2022年8月16日(火)

新日本工機、横型5軸プロファイラ

A・B軸の旋回軸持つ

生産性、従来機比4倍

★新日本工機P_R

 新日本工機はこのほど、航空機用のアルミ部品加工で、従来機種に比べ生産性を4倍アップできる横形5軸プロファイラ「GHP―200B」の販売を開始した。
 横形プロファイラでは業界初となるA/B軸の旋回軸を持つジンバルタイプとした。工具姿勢の変化がわずかで済むので、従来のA/C軸タイプと比べ素早く加工できる。XYZ各軸ともに送り60m/分、加減速1Gの高速・高加減速仕様で、切り粉の最大排出量が1万㏄/分を超えるなど、従来機に比べ加工時間を約4分の1に短縮した。
 主軸は120kwの高出力タイプを搭載し、主軸速度は毎分最高3万回転。旋回角度が±40度のA/B軸では壁面への穴あけなど側面加工は弱点だが、標準仕様のサーボモーター制御のC軸機能とアングルヘッドと組み合わせることで対応できる。
 テーブルサイズは、2000×4000㎜、2000×5000㎜、2000×6000㎜の3タイプをそろえた。
 同社では「航空機アルミ部品加工のハイエンド機と位置付け、今後は同機の高水準技術を標準機にも波及させ、シリーズ化を展開する」としている。

日本産機新聞 平成27年(2015年)11月25日号

[ 工作機械 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

IZUSHI テクノマーク自動刻印機のワイヤレスモデルを発売

IZUSHI(大阪府東大阪市、06-6747-6184)はテクノマーク社(仏)の自動刻印機の新モデルであるワイヤレスモデル「CONNECTシリーズ」を今夏に発売する。WIFI接続でコントローラとマーキングヘッド間のケーブ […]

田野井製作所 田野井 義政会長に聞く

旭日単光章を受章 タップ・ダイスメーカー、田野井製作所(埼玉県白岡市、0480-31-7658)の会長である田野井義政氏が、令和4年春の叙勲で旭日単光章を受賞した。1987年から約25年に渡って社長を務め、先進的なものづ […]

東京精密 イエナオプティック社と提携

Shaftcomを披露 非接触かつ高速に測定可能 東京精密(東京都八王子市、042-642-1701)は5月25、26日、土浦計測センター(茨城県土浦市)で光学式シャフト形状測定機「Shaftcom (シャフコム)」のオ […]

トピックス

関連サイト