2022年1月18日(火)

イワシタが創業65周年

式典に150人 岩下社長「感謝の気持ちいっぱい」

イワシタ岩下社長。002_R2
フライス盤の技術を基礎に特殊工作機械や門型マシニングセンタ、専用機、長尺NC加工機、アルミ切断機など各種オーダーメイド加工機を製造・販売するイワシタ(福井市、岩下春幸社長)が、3月19日、福井駅前のユアーズホテルフクイ芙蓉の間で、創業65周年、会社設立50周年の記念式典を開催した。当日は、地元企業はじめ関東・関西・中部から150人の企業人が集い、祝した。
 イワシタ65周年の軌跡が映像で紹介された後、2代目社長であり中興の祖となる岩下春幸氏が苦難の歴史を振り返った。
印象に残った言葉は、父が築いた工場を取り壊し、同規模の工場にするまで「18年の歳月が掛かった」。そして、「苦しみに耐え、私を支えてくれた役員、社員に感謝の気持ちでいっぱい」だ。さらに「企業存続30年の時代に創業65周年、会社設立50周年を迎えられたのは、本日お集まりの皆様のお蔭」と、感謝を述べ締めくくった。
続いて来賓の山善吉居亨社長、ユアサ商事佐藤悦郎社長がイワシタと共に歩んできた歴史、将来に向け共闘する祝辞を述べ、福井銀行伊東忠明代表執行役員頭取の乾杯で祝宴が賑やかに繰り広げられた。
閉会前には、常務取締役で岩下社長の長男、岩下大介氏が「創業70年、80年は私が、100年は判らないが」と、前置きし、「責任を持って歴史を紡いで行きたい」と、抱負を述べた。

日本産機新聞 平成26年(2014年)4月15日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

【この人に聞く】アルム ・平山 京幸社長「加工プログラムを自動作成」

作成時間、大幅に削減・技能者は高度な仕事に力 自動機などを手掛けるアルムは今年9月、AI技術で3D製品モデルから切削加工プログラムを自動作成するソフトを出荷開始した。長年の経験やノウハウを持つ技能者が手間をかけていた作成 […]

三菱マテリアル 切削アカデミーオンラインにドリリングコースを追加

三菱マテリアル(東京都千代田区、03-5252-5200)はこのほど、切削工具ユーザーの技術者育成を目的としたオンライン講習会「切削アカデミーオンライン」2021年度下期の開催スケジュールを公開した。穴あけ作業の具体的な […]

松浦機械製作所 5軸立形MC「MXシリーズ」に新機種

直径420㎜対応 松浦機械製作所(福井県福井市、0776-56-8100)は、5軸制御立形マシニングセンタ「MXシリーズ」に、最大工作物寸法が直径420㎜×高さ300㎜の「MX‐420PC10」(写真)を追加し発売した。 […]

トピックス

関連サイト