2017年7月28日(金)

Joyful喜一HD グループ3社の物流・システム
最適化する部門新設

埼玉に新設した物流センターの外観
埼玉に新設した物流センター

 Joyful喜一ホールディングス(大阪市西区、06・7176・7771)は、機械工具を販売するグループ会社3社(喜一工具、エスコ、小川善)の、物流と受発注システムの全体最適化を推進する「グループシステム物流部」を新設した。

 グループ会社3社は、物流と受発注システムを一部で兼用したり、独自で運営したりしている。グループシステム物流部は、これを統廃合するなどして効率化できる方法を検証する。

 物流と受発注システムの全体最適化は、ユーザーや工具販売店が効率よく商品を調達できるようにするのが目的。1社から他の2社の取扱商品も注文でき、一度に届くようにする。

 同社は全体最適化の一環として今年1月、埼玉県久喜市にグループ会社3社が共同運用する物流センターを新設している。

 3社は、喜一工具が卸売、エスコがカタログ販売、小川善が直需販売。取扱商品点数は現在、喜一工具が40万点、エスコが10.5万点。

日本産機新聞 平成29年(2017年)6月25日号

[ ニュース ][ 日本産機新聞 ][ 機械工具業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

オーエスジー 衛星事業の出資に参加<br>20年に量産化目指す

オーエスジー 衛星事業の出資に参加
20年に量産化目指す

 オーエスジー(石川則男社長)は、宇宙ゴミ(スペースデブリ)除去サービスの開発に取り組むアストロスケール社(岡田光信CEO、本社・シンガポール)にANAホールディングスなどと共に総額2千5百万ドル(約28億円)にのぼる出 […]

【事業方針】三菱日立ツール<br>東南アジア、韓国、台湾で拡販

【事業方針】三菱日立ツール
東南アジア、韓国、台湾で拡販

2工場の設備拡充  三菱日立ツールは6月14日から3日間、東京、名古屋、大阪で国内の有力代理店・販売店を集め、営業概況や新商品紹介などを発表する「三菱日立ツール報告会」を開いた。この春に策定した新ブランドを紹介したほか、 […]

【事業方針】三共精機<br>グループ戦略で迅速に対応 海外展開も

【事業方針】三共精機
グループ戦略で迅速に対応 海外展開も

 三共精機(京都市南区、075・681・5711)は6月2日、フォーチュンガーデン京都(京都市中京区)で主な仕入先など30社を集め、大手ユーザーを中心とする営業体制のグループ化など組織体制の変更やシステム事業、海外展開な […]

トピックス

関連サイト