2017年12月11日(月)

余裕生む経営を
岡本機工 岡本 篤史 社長

新社長に聞く2017

 伝導機器商社の岡本機工は、設立70周年を迎えて岡本篤史氏が新社長に就任した。100年企業を目指して新たなスタートを切った同社に今後の取り組みなどを聞いた。

岡本機工 岡本 篤史 社長
 1977年生まれ。大阪府出身。2001年関西学院大学商学部卒。セーラー万年筆ロボット機器事業部を経て、05年同社に入社。12年常務取締役、15年取締役副社長。
―社長に就任して。
 社内の仕組みを早急に変えようという意思はありません。時代の変化にあわせて会社も変化するべきだとは思いますが、今まで続いている仕組みには意義があると思います。変化にはじっくりと対応していきたい。

―社長として力を入れることは?
 まず収益の安定化を図りたいです。入社して約10年間、経理畑を歩んできました。コスト削減の意識は常にもっていますが、コストはゼロにはなりません。仮にゼロになったとしても収益がなければ利益は出ませんし、コスト減の弊害も出てくると思います。利益率を高めるためには、まずは利益を安定してあげる仕組みを作ることです。そのためにも現場をよく知る営業とのコミュニケーションを密に取っていきたい。

商品調達にネット活用

―具体的には?
 当社の強みは「調達力」ではないかと考えています。卸売商という性質上、品揃えということに長年力を入れてきました。昨今はインターネットで調べることにも注力しています。インターネット検索は誰にでもできるようで逆に膨大な情報から特定の項目を調べあげる必要があるわけですから、推測力や判断力などを養う訓練が常時必要になります。ワンストップでどんなものでも品揃えできれば、お客様にとって便利な存在として認めてもらえると思います。

―これからの理想像は?
 現在71期目を迎えていますが、100期=100年企業を目指したい。そのためには、「余裕」を生む経営を行いたいと思っています。会社に余裕があれば、不況にも耐えられるし、新しいことへもチャレンジできます。社員に余裕があれば、ワークライフバランスの調和も取れて、自己啓発など充実した生活が送れます。社会に余裕があれば、皆で助け合って世界が平和になります。話が大きくなってしまいましたが、少しでも社会に貢献できる企業を目指します。

日本産機新聞 平成29年(2017年)6月15日号

[ インタビュー ][ トップインタビュー ][ 日本産機新聞 ] カテゴリの関連記事

工作機械 需要拡大局面、続く<br>メーカー相次ぐ上方修正

工作機械 需要拡大局面、続く
メーカー相次ぐ上方修正

国内外の両輪けん引 IoT、自動化技術の革新カギ  製造業の旺盛な設備投資を背景に工作機械の需要拡大が続いている。海外、そして国内の自動車や半導体向けがけん引し、2017年の受注総額は過去最高に迫る勢いだ。想定を上回る市 […]

川崎重工業とABBが協働ロボ分野で協業<br>使いやすい環境を整備

川崎重工業とABBが協働ロボ分野で協業
使いやすい環境を整備

 川崎重工業とスイスのABBは協働ロボットの分野で協業する。操作面の共通化を図るなど、ユーザーがロボットをより使いやすい環境を整え、中小のユーザー開拓につなげる。  インターフェイスの標準化など操作面の共通化に加え、安全 […]

【治工具特集】ロボによる自動化進歩 IoTも視野に

【治工具特集】ロボによる自動化進歩 IoTも視野に

高精度加工・工程短縮には不可欠  工作機械で高精度に加工するには機械や刃物のみならず、治工具を活用する必要がある。旋削加工、マシンング加工、研削加工など、高精度な機械や刃物を使用しても、肝心のワークがブレたり、ズレたりす […]

トピックス

関連サイト