2023年5月31日(水)

スリーエムジャパン 除じん性能に優れたサンディングディスク

環境改善、安全性向上

スリーエムジャパン(東京都品川区、0570-022-123)はこのほど、メッシュ基材を採用した粉じん除去効果の高いサンディングディスク「3M Xtrct キュービトロンネットディスク710W」、「3M Xtrct ネットディスク310W」を発売した。優れた除じん性を発揮し、職場環境の改善、作業者の安全性向上に貢献する。

サイズは125㎜。「710W」は販売単価300枚で、メーカー希望小売価格は68円/枚。一方、「310W」は販売単価500枚で、メーカー希望小売価格は48円/枚。グレードは80+から320+まで幅広く展開する。

従来、板金塗装の下地処理や木工の下地処理などのサンディング作業では粉じんが多く発生し、作業者の負担が大きく、課題となっていた。「710W」と「310W」は、発生した粉じんをネットディスクの全表面から多孔性パッドを通じて取り込み、集塵機やフィルターバックなどで排出することができる。

砥粒には、三角形状に成型した独自の精密成型セラミック砥粒を使用。「710W」は表面に独自のパターンで研磨砥粒を塗布し、高い研磨性能を長時間発揮させることができる。また、「310W」は耐久性のあるメッシュ基材の表面に砥粒を塗布し、幅広い用途への対応を可能にした。

同社は、「2025年までにサンディング製品カテゴリーの売上を現在の3.5倍に引き上げる」としている。

日本産機新聞 2022年9月5日

[ 作業工具 ][ 日本産機新聞 ][ 製品 ] カテゴリの関連記事

【連載企画:イノフィス、次なる戦略②】折原  大吾社長インタビュー
作業や業界に特化した製品開発

イノフィス(東京都新宿区)は今年8月、腰補助用装着型アシストスーツ「マッスルスーツ」の新しいモデル「GS-BACK」を発売した。既存モデルの「Every」に比べ、軽量で動きやすく、これまで以上に幅広い現場での活用が期待さ […]

TONE 本社を河内長野工場に移転

TONEは、本社を同社最大拠点である河内長野工場に統合、移転した。9月26日から業務を開始した。 今回の統合により、開発、製造、営業企画、品質保証、管理の各部門と経営を一体化。部門間のコミュニケーション向上を図り、一層綿 […]

エヌティーツール 福岡県筑紫野市に九州事務所を開設

ツーリングメーカーのエヌティーツール(愛知県高浜市、0566-54-0101)は福岡県筑紫野市に九州事務所を開設し、九州地域での迅速かつ細やかなサービスを提供することで顧客の課題解決に応えていく。住所は福岡県筑紫野市原田 […]

トピックス

関連サイト